マシン・オブ・ザ・イヤー2018
SR400のように規制対応か

【スクープ】2019年にW800復活?! カフェもある?

国内では2016年7月に発売されたファイナルエディションで生産を終了したカワサキのW800が、2019年モデルで復活するかも知れない。早ければ11月のミラノショーでの発表が期待される。

バリエーションはカフェ仕様になる模様

これまで当WEBでカワサキの2019年モデルを予想してきた中の1台が、規制対応で復活するというウワサの新型W800。これにはスクランブラー仕様などのバリエーション展開も期待されると指摘したが、「カフェ仕様」という情報もある。Wシリーズのカフェ仕様は、2011年に650→800と排気量を拡大した時に、Cafe Style(カフェスタイル、トップ写真)の純正オプションパーツが発売されており、今度は、バリエーションモデルとしてラインナップ展開されるかも知れないのだ。さらに、Z900RSとZ900RS CAFEのように、ハンドルの高さや形にも違いが見られるだろう。

2019年型Z900RS CAFE(左)と2011年型W800にCafe Styleオプションを装着した写真(右)。W800 Cafe Styleも現在であれば正規ラインナップに加わってもおかしくない完成度だった。

【KAWASAKI  W800 2019年型予想CG】STD版も規制対応だけでなく、ヘッドライトやテールライト部分に変更を受けるという情報もあり、新しいイメージを身に纏うかも知れない。

ネオクラ界に動き、ロイヤルエンフィールドも新型を発表

2018年のミラノショーでロイヤルエンフィールドが、新開発の並列2気筒648㏄エンジンを登載したコンチネンタルGT650とインターセプター650を発表したのは記憶に新しいところ。そして今年も、ミラノショーを前にティザー広告でシルエットをチラ見せしており、新型モデルの発表を予告している。このモデルの詳細は明らかにされていないが、シルエットから丸目ヘッドライトのネオクラモデルであるのは間違いなさそう。インドでの販売が好調で勢いのある同社だけに、トライアンフのツインシリーズや新型W800を脅かす存在になる可能性もあるだろう。

【ROYAL ENFIELD 2019年新型モデル】シングルシートのロー&ロングタイプのようなシルエット。トライアンフのボンネビルボバーのようなモデルか?! 11月6日、ミラノショーで公開と予告されている。

【ROYAL ENFIELD INTERCEPTOR 650(左上)/CONTINENTAL GT 650(左下)】新設計の650㏄パラツインを積んだ2台。新型W800/カフェもこのようなバリエーション展開になるのか?!

「【スクープ】2019年モデルでW800が復活?!」記事はこちらへ。
「【スクープ】カワサキの2019新型ミラノショー発表モデルは4機種?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018