マシン・オブ・ザ・イヤー2018
SR400のように規制対応か

【スクープ】2019年モデルでW800が復活?!

国内では2016年7月に発売されたファイナルエディションで生産を終了したカワサキのW800が、2019年モデルで復活するかも知れない。早ければ11月のミラノショーでの発表が期待される。

11月6日にミラノショーでデビュー?!

日本と欧州で発売されていたW800は、排ガス規制のユーロ4やそれに準ずる平成28年排ガス規制の導入に伴って2016年限りで生産を終了し、現在は一部のアジア地域で販売が続けられている。それが規制対応を実施し、2019年型で復活するという情報だ。復活する地域が日本だけなのか、欧州も含めたグローバル展開なのかは不明だが、欧州でも販売するとなると11月のミラノショーでの発表が期待できそうだ。一方、日本国内でのみ復活する場合は、’19年春のモーターサイクルショーで発表というケースもあり得るだろう。

【KAWASAKI  W800 2019年型予想CG デビュー可能性:70%】’16年型で生産終了したW800が、規制対応して復活する模様。773㏄空冷バーチカルツインは健在のようだ。

バリエーション展開にも期待

Wといえば、Z、Ninjaに並ぶカワサキ3大ブランドのひとつ。W800の販売が続けられているインドネシアでは、800を筆頭にエストレヤがW250というネーミングで続き、独自モデルのW175までライナップしている。将来的にはこのような縦軸のライナップが理想的な製品展開となるだろう。一方、横軸でもW800のスクランブラータイプなど、トライアンフのツインシリーズのように幅を広げてもいいかも知れない。2018年10月のパリモーターショーでは、カワサキブースに旧W800と’60年代のW2TTが並べて展示されていたので、ひょっとするとカワサキもそれを意識しているのかも知れない。

【KAWASAKI W2 TT 1968年】パリに展示されたWシリーズのスクランブラータイプ。これが何かを示唆しているかは不明だが、このようにバリエーションが増えると盛り上がるだろう。

【KAWASAKI  W800 Final Edition 2016年7月15日発売 価格:92万5560円(当時)】1973年に登場した650RS W3を彷彿とさせるカラー&グラフィックに専用のエンブレムを採用。塗装段差の少ない4度塗りの高級塗装は塗装工程までW3と同様というこだわりを見せている。■空冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 773㏄ 48ps/6500rpm 216kg

元は650で1999年に発売されたW650は2009年にファイナルカラーを発売して生産終了。そして2年後の2011年に排気量を拡大してW800として復活した経緯がある。今回、3年ぶりに再び復活すると20周年記念イヤーモデルとなるが、果たして?!

「【スクープ】カワサキの2019新型ミラノショー発表モデルは4機種?!」記事はこちらへ。
「【スクープ】2019新型ヴェルシス1000(Versys1000)は電サス採用か?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018