マシン・オブ・ザ・イヤー2018
11月6日のミラノショーでデビューか

【スクープ】ホンダ2019新型CB650Rの姿を予想

2018年10月3日、パリモーターショーでホンダが2019新型CB650Rの原型と思われるNEO SPORTS CAFE CONCEPT(ネオ スポーツ カフェ コンセプト)を出品したのは既報の通り。次は、11月6日からのミラノショーで発表されると予想される市販版が注目されている。

ヘッドライトナセルをそのままに市販か?!

10月3日のパリショーで、ホンダが新作の「CB650R」と目されるコンセプトモデルを発表した。’18年からホンダは、モダンな外観と俊敏な走りを兼備する「ネオスポーツカフェ」を大々的に展開。CB1000Rを旗艦に、300、250、150、125を揃える。その間を埋めるミドルとしてCB650Rが追加される模様だ。

コンセプト車が搭載するのは、ファイター系ネイキッドであるCB650Fの直4ユニット。今後CB650Fは、CB650Rと車名を変え、カフェとして刷新されるだろう。エンジンと両持ちスイングアームはCB650Fと同様だが、フレームは新規のスチール製。これにシリーズ共通の上下2段LEDヘッドライトやグラマラスな外装を採用する。また、CB-R全車で装備する倒立フォーク&ラジアルマウントキャリパーが奢られ、市販版も同様になるのは確実だろう。

注目は、ハーレーのヘッドライトナセルとオフテイストのゼッケンプレートを融合させたようなライトステーだ。従来のシリーズにはない要素で、コンセプトモデル独自の仕様なのか市販版のCB650Rにも採用されるのかは不明だったが、独自の個性として盛り込むことが確定的だという。正式発表を待ちたい。

【HONDA CB650R 2019年型予想CG デビュー可能性:100%】パリモーターショーで発表されたコンセプトモデルをベースに予想した市販版CB650Rの姿。ゼッケンプレート風のヘッドライトナセルが特徴だ。ベースはCB650Fとなる。

【HONDA CB650F 2017年型国内仕様 価格:92万3400円】2014年に登場したストリートファイタールックのネイキッドで2017年にLEDヘッドライトなどを採用する改良を受けた。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648㏄ 90ps/11000rpm 208kg

「2019新型CB650Rコンセプトの現地写真とCBR650Rの予想」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018