マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ユーロ5合わせの登場?!

【スクープ】次期型CBR1000RRは2020年か?!

’19年型でエンジン&骨格をイチから造り直すと見られてきた次期CBR1000RRだが、11月のミラノショーでは発表されないようだ。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

究極を狙う、11年分のイッキ進化は1年先へ?

’17年型で最大17㎏の軽量化など大幅な戦闘力アップを果たした現行型SC77。パーツの68%を見直したものの、基本設計は’08年型のSC59を継承している。そこで次期型では、久々に全てを完全新設計するとの情報をキャッチ。’92初代CBR900RR以来のテーマ「トータルコントロール」を極めた至高のSSを目指すという。そして、早くも「’19年デビューか」と本誌3月号でスクープしたが、残念ながら1年後ろ倒しになった模様だ。発表は今秋のショーと期待されていたが、「今秋の発表はなく、デビューは後ろ倒しになった。次期排ガス規制ユーロ5の適用に合わせ、’20年登場の可能性がある」(情報筋)というのだ。しかも、「詳細な内容は以前より藪の中になってしまった」とのこと。とはいえ、YZF-R1やZX-10R、S1000RRらライバルを完封する性能向上を目指すのは間違いない。 ※ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)より

【HONDA CBR1000RR 次期型予想CG 予想登場時期:’19年秋 デビュー可能性:50%】次期型の具体的な情報はないが、2019年ではないという線が濃厚になってきた。シームレスミッション採用の可能性もあるかも知れない。

「CBR1000RR”センダブ”が早くも’19フルチェンか?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018