マシン・オブ・ザ・イヤー2018
トリシティの大島優子に続き大物俳優を起用

斎藤工がNIKEN(ナイケン)の化身となり「刺激も安定も手に入れろ」と語るCMが公開

2018年10月24日から、ヤマハがLMW(リーニングマルチホイール)の新しいテレビCMを公開した。今回は、NIKEN(ナイケン)の国内リリースに合わせて内容も走りを強く主張した構成としているのが特徴だ。

ナイケンを一言で表すと「刺激と安定」

2018年9月13日から国内でも受注開始となったNIKEN(ナイケン)にフィーチャーしたLMWテクノロジーの新TV-CM「荒野で語る」篇が、本日から全国で放送開始となった。CMでは「刺激と安定、この二つを合わせることで人間の可能性を開放する」とナイケンの化身=斎藤工さんが語り、フロント2輪のナイケンが走り出す。そして、化身がLMW機構を傾ける動作をするとマシンがリーンし、同時に「前2輪のグリップ力が走りをサポート」とナレーションが流れる。決め台詞はトップ写真にもあるように「刺激も安定も手に入れろ。ヤマハLMWテクノロジー」と締めくくる。ヤングマシンでは、これまでナイケンの試乗を通して様々なことを書いてきたが、一言で言えば「刺激と安定」が共存しているという意味のキャッチコピーに納得。わずか15秒の枠でナイケンの本質をスバリ言い切っており、レベルが高いと感心させられる内容だ。

雄大なワインディングロードに現れ、ナイケンの化身となった斎藤工さん。 右手の、日常のワクワク感を表現する「刺激」と、左手の、心の余裕を表現する「安定」を掛け合わせ ることで、前2輪の軽快感と安定感を両立したナイケンが誕生する。

ナイケンの化身となった斎藤工さんが左に手を振ると前2輪も連動して傾く。それが実際の走りの映像に切り替わる演出。最後にナイケンが採用するLMWテクノロジーを紹介する。

歌舞伎町ホストの帝王の例えにも納得

TV-CMと同時にYouTubeで放送開始となった、ホスト界のカリスマであるRoland(ローランド)さんの語りも興味深い。全く違う事柄でナイケンの本質を例えており、例えば恋愛において、頼りがいのある男=安定としつつ、たまには刺激も必要と主張する。ホスト界の帝王と呼ばれる男は、刺激という演出も自在に繰り出せると語り、それはLMWと同じと説く。これも、試乗を終えた身としては「確かにナイケンに乗るとそんな感じだよな」と納得できるものなのである。そういう意味では、斉藤工さんのキャスティングについても、刺激も安定を両方持ち合わせている男性=LMWの化身と理解できなくもない。

ROLAND (ローランド)さんは、歌舞伎町PLATINA本店取締役。YouTubeで公開されている「帝王ローランドが語る刺激も安定も手に入れろ」シリーズは全10話。初日はvol.1~3まで公開されている。

【YAMAHA NIKEN(ナイケン) 2018年型国内仕様 価格:178万2000円(受注生産) 受注開始日:9月13日】カラーリングはダークグレーメタリックGのみ。

ニュース提供:ヤマハ発動機
「【NIKEN=ナイケン国内初試乗】大型3輪バイクの高機動性を総チェック!」記事はこちらへ。
「【動画】NIKEN=ナイケン vs MT-09サーキット対決」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018