国内での展開も予想

ホンダCBR250RRの新色がインドネシアで発表

2018年7月13日、インドネシアでCBR250RRのニューカラーが発表された。CBR250RRはインドネシアで生産が開始されたモデルで、2016年末の発売以来初めてのカラーバリエーション変更となる。今後の国内仕様への連動も探ってみた。

国内での新色展開は秋頃の予想

インドネシアではCBR250RRのカラーバリエーションが、従来のホンダレーシングレッドとマットガンパウダーブラックメタリックに、ブラックフリーダムとブレイブリーマットレッドの2色が加わり計4色展開となることが発表された。これに伴いアンカーグレーメタリックは廃番となったが、レギュラーカラーが3色から4色に増え、CBR250RRをプッシュしていく姿勢が見て取れる。

日本では、CBR250RRは2017年5月に発売が開始され、ヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリックが現在でも販売が続けられている他、2018年4月にはパールグレアホワイト(ABSのみ)も加わり計4色のカラーバリエーションとなっている。これらのカラーについても、インドネシアに続いて日本でも秋頃に見直しが計画されているという。ただし、この7月にインドネシアで発表された新色が日本で展開されるかは不明。詳細が分かり次第続報をお届けしたい。

【HONDA CBR250RR インドネシア仕様 価格:5990万ルピア】日本円では約47万円の最廉価カラーの黒(Black Freedom)にはABSタイプは設定されず。デビュー時のSTD価格は6290万ルピアだったので、300万ルピア(約2万3000円)買いやすくなったとも言える。

【HONDA CBR250RR/ABS インドネシア仕様 価格:6472万5000ルピア/7072万5000ルピア】日本円で約50万円/54.6 万円となる上級カラーに設定された新色の艶消し赤(Bravery Mat Red)。下段のマットガンパウダーブラックメタリックも同価格に値上げされたが、フレームを黒→赤にしてイメージを新しくしている。

【HONDA CBR250RR/ABS インドネシア仕様 価格(赤):6532万5000ルピア(約50.5万円)/7132万5000ルピア(約55万円)】従来カラーの2色。左の艶消し黒(Mat Gunpowder Black Metallic)はフレーム色を変更し、価格は上段の艶消し赤と同じとなった。右の赤(Honda Racing Red)は6350万/6950万ルピアだったので、STD、ABSとも182.5万ルピア(約1.4万円)値上げとなった。

インドネシアでは過去に限定カラーも存在

CBR250RRの主要マーケットであるインドネシアでは、日本国内に導入されていない特別カラーも存在している。まず2017年2月に登場したのは、ABSタイプのみが1000台限定で発売されたレプソルエディションで、その後、2017年8月にABSタイプのみのスペシャルエディションが発売された。

【HONDA CBR250RR Repsol Editoin(ABS) インドネシア仕様 価格:7200万ルピア】日本円では約55.6万円のレプソルカラー。

【HONDA CBR250RR Special Edition(ABS) インドネシア仕様 価格:7082万5000ルピア】約54.7万円のスペシャルエディションは、現在のラインナップには掲載されていない。写真の通り「The art of Kabuki」をテーマとしたカラーで、車体右側には女性の顔が描かれている。

ニュース提供:アジア大洋州ホンダ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事