フェイスリフトでデザイン一新

2019新型CYGNUS-X(シグナス-X)は3灯LEDヘッドライト採用

2018年10月4日、ヤマハが124㏄の原付二種スクーターのCYGNUS-X(シグナス-X)の2019年モデルを発表した。フェイスリフトを実施してイメージを一新している。

メーターもフルデジタルに

2018年2月に発売した新型マジェスティSに続いて、同じく台湾生産のヤマハスクーターであるシグナス-Xが、外観変更と電源追加を中心としたモデルチェンジを実施した。主な変更点は、LEDヘッドライトや導光タイプのLEDテールランプなど新作灯火器の採用、フルデジタルの液晶マルチファンクションメーターの採用、スマートフォンなどの充電に便利な12V・DC ジャックの採用となる。発売日は11月6日で、従来モデルから価格は1万800円アップの32万9600円、車重は1kg増えている。

【YAMAHA GYGNUS-X(シグナス-X) 2019年型国内仕様 価格:32万9600円 発売日:11月6日】スポーティーなスタイルで、同じ原付2種のトリシティやNMAXと棲み分けているシグナス-X。新型はよりアグレッシブな印象となった。ステップスルーなので荷物を置くのにも便利だ。

【上】フルデジタルで様々な情報を見やすく表示する、液晶マルチファンクションメーターパネルを採用。【左下】12V電源は右側フロントポケットの上部に配置。【右下】導光タイプのLEDテールランプと、センターに
集約されたLEDストップランプを採用した。

カラバリは、ビビットレッドメタリック5(左上、レッド)、ダークグレーメタリックL(右上、ガンメタ)、ホワイトメタリック1(左下、ホワイト)、ブラックメタリックX(右下、ブラック)の4色が用意されている。

ニュース提供:ヤマハ
「ヤマハNMAX/NMAX155、マジェスティS試乗インプレッション」はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事