人気モデルをイッキ乗り

ヤマハNMAX/NMAX155、マジェスティS試乗インプレッション

熾烈化する原二~軽二輪スクーターの覇権争いにヤマハが主力機とそして投入するのがマジェスティS(155cc)とNMAX155ABS、NMAX ABS(125)の3車。2018年型新型PCX/PCX150と比較試乗した時のインプレッションをお届けしよう。 ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より

【NMAX155ABS】ハイメカVVCを搭載、ABSを標準装備

フロアトンネルを持つボディデザインからも分かるように、PCX150と直接のライバルとなるのがヤマハのNMAX155だ。15psを発揮するエンジンは可変バルブVVCを採用。ホイール径は前後13インチで、ブレーキは前後ともにディスク。ABSを標準装備し、車重はPCX150より3㎏軽い128㎏だ。NMAX155のフレームはPCX150と同じダブルクレードルと呼べるもので、高速での直進安定性は同等レベル。そして、ハンドリングについては乗り手が介在できる幅が広く、操縦次第で高い旋回力が引き出せる。どんな乗り方でもきちんと向きを変えるPCX150とは対照的で、たまにスポーティな走りを楽しみたいならヤマハが合うだろう。

ブルーコアエンジンは、VVCのおかげかスロットルの開け始めから力強く、同じ15㎰を公称するPCX150よりもパワフルな印象。ブレーキは前後ともコントローラブルで、特に不満は感じなかった。燃料タンク容量がPCX150よりも1.4L少なく、通勤通学ではこれがネックになりそう。だが、価格は1万7280円安いので、初期の出費を抑えたい人にとっては、新しいPCX150と大いに迷う可能性は大だろう。

NMAX155 ABS主要諸元■全長1955 全幅740 全高1115  軸距1350 シート高765(各mm) 車重128㎏(装備) ■水冷4スト単気筒OHC4バルブ 155cc 15㎰/8000rpm 1.4㎏-m/6000rpm 変速機形式Vベルト式無段変速 燃料タンク容量6.6L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=110/70-13 R=130/70-13

【YAMAHA NMAX155ABS 2018年型国内仕様 価格:37万6800円 色:黒、青、白】NMAX(125)の国内初登場は’16年で、’17年に155が追加された。ホイールは前後13インチで、ブレーキは前後ディスク。ABSを標準装備。

十分なスポンジ厚を持つ2段シートは、新型PCXとほぼ同じ765mmというシート高を公称。ご覧のように両カカトが余裕で接地する。また、PCXと同様に足を前方に伸ばせることから、特に巡航時はリラックスできる。ライダーの身長は175cm、体重は62kgだ。

液晶マルチファンクションメーターを採用。右のバーグラフは瞬間燃費で、平均燃費は下段に切り替えで表示される。オイルやVベルトの交換時期も分かる。

走りと環境性能を高次元で両立する155㏄ブルーコアエンジン。高効率燃焼を促進する可変バルブ機構VVAや、DiASilシリンダーなどを採用する。

 

【マジェスティS】車重が重く軸距も長めだが走りはスポーティ

フラットなフットボードを実現するアンダーボーンフレームに、前後13インチホイール&ディスクブレーキを組み合わせるマジェスティS。車重は今回の中で最も重い145kgで、軸距もNMAXより55mmも長く、さらにシート高は30mm高いなど、実は大柄な軽二輪スクーターだ。エンジンはボア×ストロークこそNMAXと同じだが、ブルーコア系ではなくVVCも採用していない。なお、最高出力は15㎰だ。

低速域からしなりが伝わるほどフレーム剛性は高くはなく、また前後サスの動きも硬いが、不思議と接地感やグリップ感が高いのだ。しかも、ホイールベースが長いのに向きを変えようとする意思が明瞭で、気が付けば積極的に操縦を楽しんでしまう。1軸1次バランサー採用のエンジンはスロットル微開からスムーズに反応し、開けた分だけパワフルに加速する。付け加えると、PCXよりも車重が15kg近く重いことを感じることはほぼなかった。高速巡航は明らかにPCXに軍配が上がるが、メットインスペースの広さや、新型になってスポーティになったフロントマスクなど美点は多い。ライポジがコンパクトなのも魅力的だ。

マジェスティS主要諸元■全長2030 全幅715 全高1115  軸距1405 シート高795(各mm) 車重145㎏(装備) ■水冷4スト単気筒OHC4バルブ 155㏄ 15㎰/7500rpm 1.4㎏ -m/6000 rpm 変速機形式Vベルト式無段変速 燃料タンク容量7.4L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70-13 R=130/70-13

【YAMAHA マジェスティS 2018年型国内仕様 価格:37万2600円 色:白、灰、黒、青】PCXに次いで売れている軽二輪スクーター。’13年初出で、’18年にLEDヘッドライト&ポジションを採用するなどモデルチェンジを実施。

シート高はNMAXより30mmも高い795mmで、足を地面に着けるとカカトが浮き気味に。また、ストッパーがあるためにリラックスしたライポジは取りにくいが、フロアボードがフラットなので乗降車のしやすさでは圧勝。ライダーの身長は175cm、体重は62kgだ。

9500rpmからレッドゾーンとなる指針式の回転計を中央に、その右側に液晶パネルを、左側に指針式の燃料計を配置。このメーター自体は旧型からの継続だ。

新設された12Vの電源ソケット。可倒式のコンビニフックはアルミ製で、フロントにある燃料キャップはヒンジ式など、質感ではNMAXを上回るほど。

 

【NMAX ABS(125)】VVCの作動音あり、標準ABSが強みだ

50km/h付近でかすかに聞こえるカチッというVVCの作動音がメカ好きの心をくすぐるNMAX。155と同様にABSを標準装備しており、タイプ設定のないPCX(125)に対しては大きなアドバンテージになろう。走りの印象は155と大きく変わらず、安定成分とスポーティさが共存している。アイドルストップなど装備の違いにも注目して選んでほしい。

NMAX ABS(125)主要諸元■全長1955 全幅740 全高1115  軸距1350 シート高765(各mm) 車重127㎏(装備) ■水冷4スト単気筒OHC4バルブ 124cc 12㎰/7500rpm 1.2㎏-m/7250 rpm 変速機形式Vベルト式無段変速 燃料タンク容量6.6L ■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=110/70-13 R=130/70-13

【YAMAHA NMAX ABS(125) 2018年型国内仕様 価格:35万1000円 色:青、灰、白】155版よりも早く2016年に初登場したヤマハの新世代スクーター。欧州で人気のMAXシリーズを襲名し、インドネシアなどからグローバル展開されている。

【右:NMAX/155】シート下の収納スペースは約24Lを公称。ヘルメットは写真のように逆さまにして入れる。なお、フロントポケットには500ccのペットボトルが収納可能だ。【左:マジェスティS】シート下はPCX/150も上回る約32Lを公称。フロントポケットは約2.6Lで、コンビニフックも。新型では12Vの電源ソケットが追加され、利便性が向上した。

撮影:真弓悟史
「ホンダ2018新型PCX150 vs 旧型PCX150比較試乗インプレッション」記事はこちら
「ホンダ2018新型PCX(125)の試乗インプレッション」記事はこちら

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。

この著者の最新の記事

関連記事