スタイルが判明したので色は?

【スクープ】2019新型YZF-R25/YZF-R3のカラーリングを予想

2018年9月28日に2019年モデルの新型や新色をヤマハが欧州で公開し、新型YZF-Rシリーズのカラーバリエーションが部分的に判明した。その流れから、意匠登録の3次元CGが流出した2019年型YZF-R25のカラーリングを予想してみたい。

’19YZF-R125に設定されたホワイトは確率高そう

意匠登録のCGでその姿が明らかになった2019年モデルのYZF-R25及びYZF-R3だが、カラーリングはまだ分かっていない。また、登録用のCGは形を正確に伝えることが目的なので着色はなく、真っ黒のボディでは実際のイメージがつかみにくいということで、発表を前に新型R25のカラーリングを予想してみたい。ヒントになるのは、2019年モデルが発表された欧州仕様のYZF-Rシリーズで、ヤマハブルー(青)とテックブラック(黒)、コンペティションホワイト(白)の3色が用意されている。白については例年北米で発売されているカラーだが、’19YZF-R125にだけに設定されたので、本誌としては’19YZF-R25にも用意されると予想した。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型予想CG(左)】2017年型YZF-R6の北米仕様にも存在したフルオ(蛍光)カラーのホイールを採用したホワイトで、国内では現行型YZF-R25及びYZF-R3にも設定されている。’19YZF-R125(右)に設定されたことから新型R25でも可能性大だろう。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型予想CG】こちらは、蛍光赤ホイールを採用した2019年型MTシリーズをイメージしたカラー。’19YZF-Rシリーズにはない色だが、かなり似合っている。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型予想CG】こちらは、蛍光黄色ホイールを採用した2016~2018年型MTシリーズをイメージしたカラー。

レースブルーはテッパン

ヤマハのレースイメージを象徴するレースブルーは、NIKEN(ナイケン)のフロントフォーク&ホイールにも採用された現在のテッパンカラー。欧州仕様では2019年モデルが発表されたYZF-R1/YZF-R6/YZF-R125の3車種で設定されており、新型YZF-R25及びYZF-R3にもまず間違いなく設定されるだろう。尚、2019年型のレースブルーは黒の面積が拡大され、従来ブルーだったカウルサイドがブラックになった。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型予想CG(上)】レースブルーの予想CGと下は正式発表された2019年型YZF-R125&YZF-R1。R25の車名ロゴは、カウル形状から少し下に配置してみた。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型予想CG】ヤマハのレースイメージといえば白×赤も定番。最近では2012年型のYZF-RシリーズなどでWGP参戦50周年記念カラーとして発売された。

「【スクープ】2019新型YZF-R25のデザインが判明! スパイショットはやはり偽装顔だった」記事はこちらへ。
「【スクープ】2019新型YZF-R25のスパイショットは本物だった?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事