全てが新しくなったFシリーズGS

BMW2018新型F850/750GSの解説と試乗インプレッション

’17年に開催されたミラノショーで発表の「F850GS」と「F750GS」。その国際試乗会で両車に乗ることができた。フルモデルチェンジを受けた両車は共通の車体とエンジンを持ちながら異なる個性を持っている。 ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売、一部加筆)より

並列2気筒Fファミリーの従来型には3車種が存在

BMWのFシリーズは、360度クランクを持つ798㏄の並列2気筒ファミリーとして存在していた。ツーリングモデルの「GT」、ネイキッドの「R」、そしてアドベンチャーモデルである「GS」をラインナップ。なかでもGSは共通のエンジンとフレームを持ち、足まわりを変更することでオフロードでの走破性を高めた「800」と、オンロードでの快適性を高めた「700」の2車種に分けられ、一般的には排気量を意味するモデル名の数字を変えてまで両車を区別しているのだ。

その理由は明確だ。Fシリーズは、BMWの世界観を広める使命を帯びているからだ。従来型のF-GSシリーズが採用していた360度クランクの並列2気筒エンジンは、重心こそ高くなるが、その出力特性はBMW伝統のフラットツインエンジンと酷似し、なおかつ軽量でコンパクトだ。そのコンパクトさを最大限アピールするため、あえて「700」を別モデルのように設えたのだ。それによってフラットツインマシンに二の足を踏んできた多くのユーザーをBMWの世界に引き込んだのである。

【BMW F800GS 2017年型 価格:152万7500円】従来型。オーストリアのロータックス社製並列2気筒エンジンを搭載したミドルGSの上級版。大径F21インチホイールを装備し悪路ではR1200GSを食う走破性を見せることもある実力車だ。

【BMW F800GS 2017年型 価格:130万8000円~133万3000円】従来型。F800GSと同じ798㏄のエンジンを採用しつつ最高出力を800の85ps→75psに落としたGS入門機。前後ホイールはキャストでフロントは使い勝手の良い19インチを採用する。

フルモデルチェンジでエンジンは853㏄に拡大

今回フルモデルチェンジした「F750GS」「F850GS」は、その後継機種だ。これまで同様、共通のエンジンとフレームを使い、足まわりを変更することでオンロードでの快適性を高めた「750」、オフロードの走破性を高めた「850」と、その個性を分けた。フルモデルチェンジに相応しく、細部に至るまでアップデートされている。エンジンは排気量を853㏄に拡大するとともに、逆回転の270度クランクを採用。シリンダーの前後にバランサーも配置されている。またドライサンプとしながらケース内にオイルタンクを配置することで、エンジンそのものを軽量コンパクトに仕上げている。フレームも一新した。F-GSはこれまでスチールパイプのトレリスフレームを採用していた(GTとRはアルミツインスパーフレーム)。対して「F750GS」「F850GS」は、スチール鋼板を重ね合わせた中空構造のフレーム材でエンジンをつり下げるブリッジ構造。ステッププレートが両持ちスイングアームのピボットとエンジン後端のマウントを兼ねることから、軽量でコンパクトに仕上げられている。

【BMW F750GS 2018年型 価格:129万6000円~154万4000円 発売日:11月16日】新型。電気系のセッティング変更で出力を77psに抑えるほか、φ41㎜の正立式フロントフォークと、フロント19/リヤ17インチの前後キャストホイールを装備。ライディングモードは“ロード”と“レイン”をベースに、オプションのプロモードを選べば“ダイナミック”と“エンデューロ”が追加できる。

BMWの未来を感じる新型のフィーリング

ここまでの大きな変更によって乗り味は大きく変わっている。まずエンジンは排気量が拡大したことによる力強さに加え、不等間隔爆発としたことでリヤタイヤがしっかりと路面を捉える感覚が強くなり、アクセル操作と直結したように車体を前に押し出していく。このフィーリングは850で走ったオフロードはもちろん、最高出力を抑えている750でワインディングを走ったときにも感じることができた。また軽量コンパクトなエンジンとフレーム、さらには逆回転クランクを採用したことで車体の切り返しが軽く、過度なピッチングが抑えられている。また、フロント19インチホイールを装着した750は、スポーツネイキッドモデルのようにワインディングを走ることができ、そこで不安や不満を感じることはなかった。

「F750GS」「F850GS」は、エンジンとフレームを一新しても、BMWの世界観を広げるモデルとしての使命を引き続き担っている。最新のこの2台に乗れば、今後10年のBMWの未来を感じることができるだろう。

【BMW F850GS 2018年型 価格:154万1000円~178万9000円 発売日:11月16日】新型。出力はフルパワーの95ps。φ43㎜の倒立式フロントフォークと、フロント21/リヤ17インチの前後クロススポークのチューブレスホイールを採用する。走行ードは750と同じだが、850のみコーディングプラグを装着することで“エンデューロ・プロ”モードが追加される。

車体/エンジンとも完全刷新、逆回転クランクのメリットは?

ブリッジ構造の新型フレームは、ステアリングヘッドからリヤサスペンション取付位置付近、そしてエンジン上部を三角形で結び、その後端にステッププレートを装備する。またエンジンは、そもそもコンパクトなドライサンプエンジンを採用し、オイルタンクをケース内に収めることで、エンジン単体をさらにコンパクトに仕上げている。並列2気筒エンジンの270度クランクは、ヤマハのMT-07やホンダのアフリカツイン、NC750シリーズなど国産ブランドでも採用例が多いが、逆回転クランクシャフトは例がない。逆回転のメリットは、ホイールの回転によって発生するジャイロ効果の一部を打ち消し、ハンドリングを向上させ、特にコーナー切り返しにおける俊敏性を高められるという。加速では、逆回転クランクシャフトが前方方向に慣性連動トルクを発生させてウィリーを抑制し、加速性能を高めることができる。逆に減速時はリヤホイールがリフトアップするが、クランクシャフトも減速することで、リフトアップと逆方向の慣性トルクが生じるのだ。

この850/750の並列2気筒エンジンはBMWの開発に改められ、エンジンの生産のみ中国のロンシンに委託している。フレームは非常にコンパクトかつ低重心な設計となっている。

750(右下)にはオプションで、850には標準装備される6.5インチTFT カラーディスプレイ(上、左下)にはBMWが開発したスマホ・アプリ「BMW Connected」を連動可能。多彩な情報をバイクとスマホで共有できる。

左右非対称のヘッドライトはもちろん、細い線で構成されているDRL(デイタイム・ライディング・ライト)もLED化されている。

上段の「850」はシート高860mmの標準シートで計測。カカトは浮いてしまっているが両つま先はしっかりと地面に着き、舗装路では不安を感じない。下段の「750」は815mmで両つま先の付け根がしっかりと接地する。ライダーの身長は170cm、体重は68kgだ。


文:河野正士/ヤングマシン
写真:BMW Motorrad

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事