セローに続いて正式発表

2018新型トリッカーも2psアップで復活! SR400はどうなる?!

平成28年排ガス規制により、2017年9月で生産終了となったモデルは多い。その中の1台、ヤマハのトリッカーがセロー250とともに1年の空白を経て復活を遂げることになった。その詳細をお届けしよう。

価格は4万40円アップの46万7640円に

2004年に発売されたフリーライドプレイバイクのトリッカーは、平成28年排ガス規制が全面的に適用された2017年9月に生産を終了していた。これが新規制に対応して復活、9月20日に発売することが発表された。セローより前後とも2インチ小径のホイールを採用して優れた足つき性を発揮するトリッカーは、従来モデルで税込42万7600円という低価格が魅力だったが、新型になっても50万円以下のラインはキープしている。エンジンはセロー250と共通で、新型がO2フィードバック制御のFIとキャニスターを新たに装備したことも同じ。セロー250と同様、エンジンは排ガス規制に対応しつつも圧縮比アップなどで18→20psと出力向上を果たしている。また、最大トルクも1.9㎏-m→2.1㎏-mに、燃費は39→45.2km/Lに向上。一方、車重は125→127kgと2kgアップし、燃料タンク容量は7.2→7.0Lへ微減した。

これで、ヤマハが復活を予告しているセロー250、トリッカー、SR400のうちの2機種が出揃った。残るSRも9月には発表があるだろう。

【YAMAHA TRICKER 2018年型国内仕様 価格:46万7640円 発売日:9月20日  色:橙、黒】カラーリングやスタイルに変更はない。写真はディープオレンジメタリックで、他にもマットブラック2(トップ写真)をラインナップしている。

平成28年排ガス規制では燃料の蒸発量も規制されており、それを抑制するキャニスターをエンジン左前方に新たに装備。蒸発した燃料はエアボックスに送られる。また、従来装備していた排気ポートに空気を送るエアインジェクション(二次空気導入装置)はキャンセルされている。

エキゾーストパイプにセンサーを配置したO2フィードバック制御のFIを新採用。これが精密に空燃比を制御することで、60km/h定置燃費が6.2km/L向上している。

新旧とも同じ14kWで新20ps、旧18psと異なる件

これは、セロー250の時にヤマハに確認したのでそのまま転載したい。現在最高出力はkWで計測されており、ヤマハはそれを従来のpsに換算したした数値もスペックに併記している。その際にkWもpsも小数点以下は四捨五入したものを掲載するのだが、新型は切り捨てられての14kWで従来型は切り上げられての14kWだった。そして四捨五入前のkWをpsに換算すると新型は切り上げられての20psとなり、従来型は切り捨てられての18psになったという訳だ。小数点以下の数値は公表されていない。

カラーリングは全く変わらないので、新旧はキャニスターの有無で見分ける。フロント19インチ、リヤ16インチの足まわりは不変。シート高も変わらず810mmのままだ。


撮影:飛澤慎
「ヤマハ2018新型セロー250が2psアップ、LEDテールランプ採用で復活!」記事はこちら
「2018新型セロー250を従来型と比較撮影、2psアップの内容も確認」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事