マシン・オブ・ザ・イヤー2018
希少な原2の本格デュアルパーパス

アプリリア2018新型RX125試乗インプレッション

オンロードからオフロードへと自由に行き来しながら、少しずつ心と体がリラックスしていく。アプリリアRX125との時間を過ごすうちに、彼方の地への思いが募る。「もっと遠くに行きたい」。バイクならではのポジティブな刺激──。 ※ヤングマシン2018年8月号(6月23日発売)より

バイクって素晴らしい、素直にそう思える1台

「そもそもバイクって、こういう乗り物だったんじゃないか──」

アプリリア・RX125をトコトコと走らせながら、しみじみとそう思う。自由で、気軽で、楽しい。バイクらしい3拍子が、見事に揃っているのだ。舗装路を走っているのと変わらないごく普通のテンションで、ふと気付けばスルリと未舗装路に足を踏み入れている。非日常とかスリルとか、そんな大げさなものを求めてのことじゃない。ロングストロークのフロントフォーク、そして21インチのフロントホイールを備えたRX125が、連続した走りのステージとしてスムーズにオンロードとオフロードをつなげてくれるのだ。

未舗装路を走るからって、ハデなアクションをするわけでもない。けれど、「どこにでも行けそうだぞ」と確実に思える。その自由さに心がユルみ、ほんのちょっとだけチャレンジしてみたくなる。だから「スルリと未舗装路」。オンからオフへ、そしてオフからオンへの移行が、滑らかで自然だ。いつしか、のびのびしている。「バイクっていいな……」と幸せを感じる。RX125は、そういうバイクだ。 ※テスター:高橋剛

【APRILIA RX125 2018年型 価格:39万8000円 色:赤】東京モーターサイクルショーで国内初公開された125ccオフロードモデル。フロント21インチ、リヤ18インチホイールを採用したフルサイズの車体に水冷4スト単気筒DOHC4バルブエンジンを搭載する。

ためらいなくスロットルを開けられる

ルックスは本格的だ。フルサイズオフローダーと呼ぶにふさわしいスタイルが、125ccというクラスを完全に忘れさせる。だが、またがると両足が接地するし、何より軽量な車体の恩恵で、不安感はない。もっといえば、このバイクには威圧感や緊張感といった、乗り手を身構えさせる要素がないのだ。この気軽さこそが、125cc単気筒エンジン最大のメリットといえる。最高出力は15馬力、モトクロスコースに持ち込んでギンギンに攻めようとは思わないが、交通の流れをリードするぐらいのパワー感はある。むしろ、「ためらいなくスロットルを開けられる手の内パワー」が、これまた心をユルめてくれるのだ。簡単に言えば怖くなく、ひたすらに楽しい。

RX125は、週末のちょっとした時間を彩り豊かにしてくれるバイクだ。凝り固まった心と体を解きほぐし、リラックスさせてくれる。やがて、このバイクで思いっ切り遠出をしてみたくなった。高速道路を走れないRX125での下道オンリー・ロングツーリングは、決してラクじゃないだろう。でも、やっぱりこう思うのだ。「そもそもバイクって、そういう乗り物なんじゃないか──」と。

走り出す時に「どこにでも行ける」と思える。可能性に広がりをもたらしてくれるバイク、それがアプリリアRX125だ。悪路走破性の高さが、それを実現する。

シート高は905mm。つま先立ちになるものの、両足が接地する。車体の軽さも相まって、不安感はない。フラットなシートは前後に移動しやすい。ライダーの身長は171cm、体重は65kgだ。

本格的な車体に優しいエンジン

ルックスはいかにも本格的オフローダー。見た目だけではなく、フロント21インチ、リヤ18インチのホイールやロングストロークの倒立フロントフォーク、ホールド性が高いワイドステップなどにより、実際に車体としての悪路走破性は高い。その一方で、特筆すべきは125cc単気筒エンジンの扱いやすさだ。交通の流れをリードする程度のパワフルさを発揮しながらも、決してオーバーパワーではない。だから未舗装路に分け入っても緊張感がなく、無理のないオフロードライディングが気軽に楽しめる。オフロードビギナーはもちろんのこと、気負わず付き合えるセカンドバイクとしてもいい相棒になる。

Φ41mm倒立フォークは240mmのホイールトラベルを確保。リヤはスチール製ロングスイングアームを採用し、ホイールトラベルは200mmを確保している。

ユーロ4に対応した水冷DOHC4バルブシングルは、ロードスポーツのRS4 125と共通のユニット。最高出力もRS4と同じ15hpを公称しているが、最高出力発生回転はRS4の10500rpmに対し10700rpmと少し高め。

デジタルメーターはトップスピード、バッテリー電圧、走行セッション間の移動距離を表示するツイントリップメーターもあり多機能。シート後端部分の空間はパッセンジャーグリップの機能を持たせているが、引き起こしや取り回しにも活用しやすい。ブレーキはこのクラスに初めてABSを採用しフロントΦ260mm、リヤΦ220mmのウェーブディスクが装備されている。

主要諸元■全長2115 全幅820 全高1170 シート高905(各mm) 車重134㎏(装備) ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124.2cc 15hp/10700rpm 1.15㎏-m/8000rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量6.2L■ブレーキF=ディスク R=ディスク ■タイヤF=90/90-21 R=120/80-18

テスター:高橋剛
撮影:真弓悟史

高橋 剛

高橋 剛

記事一覧を見る

カート上がりのバイク野郎。心震わす原稿が得意で、あのスポーツ名門誌・Sports Graphic Numberにも寄稿したりしなかったり。セッティングさえ出れば怖いものなしの隠れ文豪。

マシン・オブ・ザ・イヤー2018