受注期間は10月31日まで!

スーパーカブ50/110「60周年アニバーサリー」限定発売

1958年8月に登場したホンダ・スーパーカブが生誕60周年を迎えた今日、その記念車となる「60周年アニバーサリー」が正式発表された。10月31日までの受注期間限定車で、税込価格は50が24万3000円、110が28万6200円だ。

税抜価格はノーマルの1万円高

「60周年アニバーサリー(一緒に写るのはホンダモーターサイクルジャパン社長の加藤千明さん)」の詳細はすでに当ウェブで紹介したとおりで、1963年の対米輸出仕様「CA100」をモチーフに、マグナレッドのボディカラーにベージュのレッグシールド/サイドカバーを組み合わせ、60周年記念エンブレムやパイピング付きシート、黒塗装のキャリヤ、専用キーなどが追加されている。

ホンダ スーパーカブ50・60周年アニバーサリー(税込価格:24万3000円)

ホンダ スーパーカブ110・60周年アニバーサリー(税込価格:28万6200円)

価格はノーマルのスーパーカブに対し、50は1万8000円高、110は2万1200円高だが、税抜きの本体価格では共にノーマルの1万円高に抑えられており、特別カラーや装備を考えればお買い得と言っていいだろう。発売日は11月22日だが、受注期間は限られており、購入するには10月31日までに販売店への申し込みが必要。販売計画台数は2300台とされている。

生誕60周年の記念イベントで公開

この「60周年アニバーサリー」は、ホンダ本社1階のHondaウエルカムプラザ青山で今日から始まった「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展のオープニングイベントで公開された。この催しはスーパーカブの生誕60周年を記念し、「東京タワー」や「チキンラーメン」「スバル360」などなど、同じく60周年を迎える計17のプロダクトを合同展示するもので、日本の高度成長を支えた『昭和の熱いものづくり』がテーマとなっている。入場は無料で、8月24日(お盆休み期間の8月11日〜24日を除く)まで開催されている。

おなじみ「日清チキンラーメン」は1958年8月25日に発売。創始者・安藤百福氏が開発した世界初のインスタントラーメンで……などという解説と一緒に展示される。

左が発売当時のパッケージ(復刻版)で、右が現在のもの。中央はキャラクターの「ひよこちゃん」

英語の「Fantasy」や「Fantastic」を語源とするコカ・コーラの「ファンタ」。日本での発売は1958年で、今まで100種類以上のフレーバーを発売しているとか。

エポック社の「野球盤」も1958年生まれ。これはミスタージャイアンツ・長嶋茂雄氏のプロ野球デビューと同年になるのだそう。

二輪用アフターマーケットパーツメーカーの「キジマ」も創立は1958年。同社製パーツを装着したスーパーカブに加え、当時のカブやベンリィ用のカタログも展示していた。

弊社も微力ながら……

ヤングマシンを発行している我々「内外出版社」もまもなく60周年。というわけで弊社の創刊誌「月刊自家用車」も参加させていただいておりますので、「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」展に足を運んでいただけるととっても嬉しいです!

新聞記者だった弊社創設者・清田幸雄が「クルマの買い方や購入後の維持・管理といった情報に特化した」クルマ雑誌として1959年1月に創刊したのが月刊自家用車。マニア向けではない、ユーザー密着型のバイヤーズガイドというスタンスを堅持しつつ、60年後の今も好評発売中です。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事