これで貴方もナイセストピープル!

ホンダ スーパーカブ「60周年アニバーサリー」が発表間近

1958年8月に登場したホンダ・スーパーカブが、もうすく60周年を迎える。それを記念して発表されるのが、真っ赤な車体色の記念仕様「スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリー」だ。

北米輸出仕様「CA100」がモチーフ

初代スーパーカブ・C100をモチーフとしたプレミアム仕様、スーパーカブC125が発表され、発売を9月に控えているが、もう1台、スーパーカブ生誕60周年を祝う特別なカブが登場する。現行型スーパーカブ50/110がベースの「60周年アニバーサリー」である。 

ひと目で分かるのは鮮やかなレッドとアイボリーのツートーンカラー。これは初代スーパーカブの北米輸出車・CA100がモチーフ。1963年に始まった「YOU MEET NICEST PEOPLE ON A HONDA(素晴らしき人々、ホンダに乗る)」というキャッチコピーの広告展開で爆発的な人気を呼び、アメリカにおけるバイクのイメージを変えたとされるCA100は、初代C100同様に伝説的なスーパーカブの1台だ。

そんな「60周年アニバーサリー」は、CA100最大の特徴であるダブルシートは装備しないものの、色遣いの妙で見事に特別感を演出しており“ウチにもあのホンダがあったら楽しそう!”と思わせる。カラーリング以外のノーマルからの変更点を見ていこう。

メーターにはクロームメッキの縁取りを追加。クラシカルな雰囲気を演出する。

シートはノーマル同様のツートーンだが、白の色味をレッグシールドに合わせたアイボリーに変更し、パイピングも追加。「HONDA」の赤いロゴもCA100イメージ。

キャリヤはノーマルのメッキからブラック塗装に。スーパーカブC125も同様だが、キャリヤが塗装になるだけでビジネス感が薄まり、ぐっとパーソナルな雰囲気になる。

フロントのエンブレムは内部に赤い差し色を施す。周囲の格子もノーマルでは前面だけがメッキされるが、60周年アニバーサリーは側面までメッキ仕上げに。

左右のサイドカバーには「生産累計1億台(昨年10月に達成)」と「60周年」を記念した特製エンブレムが貼付される。

1962年に輸出が始まったCA100。バイク=ならず者の乗り物というのが当時のアメリカでのイメージだったが、「ナイセストピープル・キャンペーン」でこのイメージを覆すことに成功した1台。

「ナイセスト・キャンペーン」の広告ビジュアル。女性や若者など、それまでモーターサイクルに嫌悪感を持っていた人々の目を“Honda”に向けさせることで、スーパーカブは全米で爆発的なヒット商品に成長していった。いま見てもポップで楽しげだ。

こちらは累計生産1億台と60周年を記念して特別製作され、‘17年の東京モーターショーで展示された「スーパーカブ110・1億台記念車」。金色の車体に赤いシート、濃いグレーのエンジンなどがいい雰囲気だった。この車両のエンブレムが今回の「60周年アニバーサリー」にも転用されている。

8/1の60周年イベントで正式発表か

この特別なスーパーカブは50と110の両方に設定される予定で、当然ながらカタログモデルではなく限定生産となるはず。価格は現行型(50:23万2200円/110:27万5400円)の数万円アップといったところか。

ホンダはスーパーカブの生誕60周年を記念し、東京・青山の本社1階にあるウェルカムプラザにて、8月1日(水)から24日(金)まで「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」という特別展示を開催する。実車はもちろん、スーパーカブ同様に今年60周年を迎えるプロダクトが展示され、昭和のものづくりへの情熱を感じ取れる内容となる予定で、初日にはトークショーも開催される。恐らくはこの場で「60周年アニバーサリー」が正式発表となるはず。価格などの詳細が判明するのはもうすぐだ。

●写真:真弓悟史/ホンダ

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事