FIND THE NEXT HORIZON第二弾が公開

ヤマハ新型テネレ700でペテランセルが砂丘アタック

2016年11月のミラノショーでT7コンセプトという名で発表されたMT-07の並列2気筒エンジン搭載のアドベンチャーモデルは、翌年のミラノショーでTénéré 700 World Raidと名前を変えて進化版が発表された。そして、2016年のミラノショーでの予告通り、2018年に世界の道を走り始めたのだ。

市販車でもここまで砂漠を走れる

テネレ700ワールドレイドで世界の4ステージを走破するFIND THE NEXT HORIZONプロジェクトが第2回目を終えた。前回のオーストラリアから今回は北アフリカのモロッコに移動し、パリ-ダカールラリーで6度の総合優勝(2輪)を飾ったステファン・ペテランセル氏がライダーを務めた。映像では、1991年に初優勝を果たした時のルートで砂丘走行を披露しているが、プロトタイプのテネレ700で軽々と走破。市販車でも高いポテンシャルを持っていることをアピールしている。

1990年前後のパリ-ダカールラリーのTV放送を見ていた世代にとってテネレと言えば…という舞台で自在にマシンをコントロールする伝説のライダー。その走りはテネレ700ワールドレイドのポテンシャルを裏付けているだろう。

次回は南米ダカールラリーのルートへ

FINE THE NEXT HORIZONプロジェクトは全4ステージが計画されており、第3回は現在のダカールラリーが実施されている南米アルゼンチンへ舞台を移す。現行のルートを走破することで、アドベンチャーモデルとしての高い能力を再び発揮するだろう。そして、最後はヨーロッパ大陸に移動してアルプス越えを実施することから、ツアラーとしての素養も見ることができそうだ。

【YAMAHA Ténéré700 World Raid プロトタイプ】MT-07ベースの688cc並列2気筒エンジンを使用する新型アドベンチャーモデル。2019年モデルとしての発売が期待されている。

ニュース提供:欧州ヤマハ
「“コンセプト”から“プロト”に進化したテネレ700」記事はこちら
「新型テネレ700が世界の道を走り出した」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事