マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ハイエース以外にもトランポに新たな選択肢

ホンダ新型N-VAN(エヌバン)には大型バイクも積める

2018年7月13日、ホンダが軽乗用車N-BOXの貨物仕様となるN-VAN(エヌバン)を発売する。バンというとボディはホワイトで簡素な装備の仕事用というイメージがあるが、N-VANはビジネス用途を満たしつつホビーユースも想定して様々な工夫が盛り込まれている。もちろんホンダだけあって、バイクの積載にも対応しているのだ。

ホンダのバイクのほとんどが積める

従来のアクティ・バンに代わり7月13日新たに発売される軽自動車のN-VANは、N-BOXのプラットフォームを最大限活用しながら軽バンに求められる広い積載スペースの確保と積載作業の効率向上を目指して開発されたブランニューモデル。乗用車のN-BOXをベースとしているため高い静粛性を実現し、センタータンクレイアウトによる低床化で地上高を抑えつつ高さのある荷物の積載にも対応している。これは、バイクを運ぶトランポとしても重要な要素となる。

そして、実際にクロスカブ110やモンキー125を積載する機会を得たので試してみることにした。結果は写真の通りすっぽり収まった。助手席を畳むことで最大2635mm(COOLタイプは2560mm)のスペース長を確保できることから大型バイクでも積載可能だ。実際、N-VANの開発中にホンダのバイクの積載テストを実施したとのことだが、ライナップのほとんどが積載可能という結果に。高さの制約からアフリカツイン、350㎏という最大積載量の制約からゴールドウイング(もちろんサイズ的にも)はさすがに不可だったが、CBR1000RRやCRF250ラリーが積めたというのはトランポとしてもかなりのポテンシャルと言えるだろう。

【HONDA N-VAN +STYLE FUN 2018年型 価格:156万600円~179万9280円】N-VANにはホワイトボディのSTD以外に+STYLEという一般向けのグレードがあり、ハイルーフのFUNとロールーフのCOOLの2種類が存在している。駆動系はMTとCVT、2WDと4WDから選べるだけでなく、パワートレインもターボ(CVTのみ、STDには設定なし)が選択可能だ。軽なので貨物の4ナンバーでも車検は2年毎、自動車税は自家用で年間5000円(グレードによっては減税で3750円)というランニングコストも魅力。

+STYLE FUNにクロスカブ110を積んだ様子。助手席を畳んでも、後席がセパレートになっていることからバイクのような形で前後2名乗車が可能だ。旅先で二人乗りのツーリングもできる。

後席を全て畳んでどれだけ積めるのかにチャレンジした例。なんとモンキー125との2台積みプラスアルファを達成。この状態でリヤゲートを閉めることができるのだ。タイダウンフックは合計8か所も標準装備されているので困ることはないだろう。

このシートアレンジは画期的

N-VANの大きな特徴はシートアレンジの自由度の高さと言えるだろう。通常では4人乗りのシートを確保しつつ、後席は左右独立して折り畳みが可能。前席は助手席まで畳める上に左側フロアをフラットな状態にすることができるのだ。これにより約2.6mの長尺ものを積載できるようになり、軽の枠を超えたトランポ力を備えることになったのだ。また、タイダウンフックは左側前方に4か所、後方は4隅に4か所設置されており、バイクの固定には全く困らない。フロントタイヤには、ホイールクランプを使用すると安心だ。

【左上】4名乗車時の荷室スペース。【右上】2名乗車時の荷室スペース。自転車などはこれでも積めそうだ。【下段】1名乗車時の荷室スペース。左側は約2.6m(写真のCOOLは2560mm)の長さがあるので疲れたらこのように寝ることもできる。

計8か所のフックの配置はこのようになっている。バイクを固定するためのタイダウンを使用できるレベルの強度がある。

トランポに使用するならやはりハイルーフのFUNが有利。テールゲート開口部高は1300mmを確保している。

そうは言ってもロールーフのCOOLでももちろんバイクを積める。テールゲート開口部高はFUNより100mm低い1200mmとなっている。N-VAN +STYLE COOLの価格はFUNと同じ設定だ。

取材協力:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018