米パイクピークが開催

峠レースでKTM790デュークが1000cc超に混ざり健闘の3位

2018年6月24日、アメリカで第96回PIKES PEAK INTERNATIONAL HILL CLIMB(パイクスピーク インターナショナル ヒルクライム)=PPIHCが開催。そこに参戦した790デュークが好成績を収めた。

ミドルウェイトクラスでは優勝

PPIHCは、ロッキー山脈に連なるパイクスピーク(標高4301m)のワインディングを約20㎞にわたり駆け上がっていくタイムトライアル。公道とは言え156のコーナーをこなしつつ平均速度は120㎞/hに達する過酷なレースに、790デュークが初参戦でミドルウェイトクラス優勝を果たした。さらにヘビーウェイトクラスに分け入る3番手のタイムをマークしたのだ。1位は2018年モデルで1262ccにスケールアップしたドゥカティのムルティストラーダ、2位はKTMの1290スーバーデュークR、そして4位に同ムルティストラーダ、5位にBMWのS1000Rというのがトップ5の布陣だ。799ccツインの790デュークは海外仕様で104.7psと、158psのムルティストラーダ1260や177psのスーパーデュークRに比べると非力だが、俊敏さが功を奏したのだろう。

【KTM 790DUKE 価格:112万9000円】クラス1位、ヘビー&ミドルで3位を獲得。2位とはわずか4秒差しかない。790デュークは、2018年モデルで新登場した水冷4スト並列2気筒799cc、103ps(日本仕様)、169㎏のミドルNKだ。このマシンの詳細はこちらへ。

【DUCATI MULTISTRADA1260 PIKES PEAK 価格:306万9000円】優勝とクラス3位は、オーリンズサスなどの特別な装備を誇るムルティストラーダのトップエンドモデル。スペックは水冷4ストV型2気筒1262cc、158ps、206㎏となる。

【KTM 1290SUPER DUKE R 価格:199万9000円】2位は、KTM最強のLC8エンジンを搭載したシリーズ最高峰の1290スーパーデュークR。スペックは、水冷4ストV型2気筒1301cc、177ps、195㎏となる。

RESULT

1. Carlin Dunne, Heavyweight, 2018 Ducati MTS1260 pikespeak, 9:59.102
2. Rennie Scaysbrook, Heavyweight, 2017 KTM 1290 SUPER DUKE R, 9:59.794
3. Chris Fillmore, Middleweight, 2018 KTM 790duke, 10:04.038 (Class Winner/Course Record)
4. Codie Vahsholtz, Heavyweight, 2018 Ducati MTS1260 pikespeak, 10:12.703
5. Thilo Gunther, Heavyweight, 2015 BMW S 1000 R, 10:16.637

ニュース提供:KTM/DUCATI

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事