サーキットで全開試乗

2018新型790DUKE(790デューク)の試乗インプレッション

KTMが誇るネイキッドのデュークシリーズにブランニューの790DUKEが国内に登場。これに合わせて2018年4月12日、筑波サーキットのコース1000でサーキット試乗会が開催された。本誌メインテスター・丸山浩の全開インプレをお届けしよう。 ※ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)より

ヤマハMTのガチンコ対抗馬だ!

まずは今回、国内でも発売開始となった最新の790デュークからだ。このモデルはいわゆるミドルクラス帯をターゲットとしており、これまでの690デュークの後継となるもの。単気筒だった690に代わって、新たにKTMとしては初となる並列2気筒エンジンが搭載された。「LC8c」と名付けられたこの新エンジンは、435度という特徴的な爆発間隔を持ち、1290スーパーデュークRに搭載されているVツインのようなフィーリングを持っている。まあ、ここは味付けというより速さを求めたためだろう。

それだけに実にパワフルだ。ヤマハのMT‐07(688㏄・73㎰)に近いパラツインながら、パワーは3気筒のMT-09 (845cc・116ps)に近い103㎰を発揮。そして、フルカラー液晶のメーター、豊富なモードが選べるトラコンやコーナリングABSといった電子制御、足まわりのクオリティでは、その09を超えている部分も持っている。MTの07か09のどちらにしようかなとユーザーが迷っている中間部分へストレートに突っ込んできたという感じだ。

それはライディングモードを通したマシンの性格にも表れている。ストリートモードではスロットルレスポンスだけでなく、早めのトラコン介入や予期せぬウイリーの抑制具合など、実にマイルドな仕上がりだ。しかし、スポーツや最強のトラックモードを選ぶとやっぱりKTMらしい過激なマシンへと変貌。ABSにはリヤのみキャンセルするスーパーモトモードまであり、テールスライドだって楽しませてくれる。これまでのKTMは「READY to RACE」な過激さが前面に出ていたけど、これからは乗りやすさとの両立も目指していると感じた。 ※テスター:丸山浩

【KTM 790DUKE 2018年型日本仕様 価格:112万9000円 発売時期:5月中旬】799ccの並列2気筒エンジンは完全新設計で75度位相のクランクシャフトを採用。フレームはこれまでのデュークシリーズにはないダイヤモンドタイプとなり、電子制御はフル装備だ。

腰高感があって、モタード的なポジションとなり街乗りでもちょっと構えて乗るような感じだが、ハンドル位置は12通りに調整できる。シート高もオプションシートで805㎜、さらに車体に手を加えることで780㎜に変更可能だ。ライダーの身長167cm、体重61㎏だ。

真横の面積がMT-07よりも小さくなるようコンパクトに設計された新型の並列2気筒。電子制御スロットルを採用し、日本仕様は103㎰となる。

フルカラー液晶のメーターを採用。Bluetoothでスマフォと接続し、着信や音楽再生を操作できる「KTM MY RIDE」がオプション設定されている。

主要諸元■全長・全幅・全高未発表 軸距1475 シート高825(各㎜) 乾燥重量約169㎏■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 799㏄ 103㎰/9000rpm 8.77 ㎏-m/8000rpm 燃料タンク容量約14ℓ ■ブレーキ F=W ディスク R= ディスク■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17

「2018新型790DUKEはMT-09といい勝負」記事はこちら

ニュース提供:ヤングマシン2018年6月号(4月24日発売)
テスター:丸山浩
まとめ:宮田健一
撮影:山内潤也

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事