兄弟車の違いをチェック

新型モンキー125とグロムの比較

2018年4月29日、東京サマーランドでモンキーミーティングが開催された。そこでメディア向けのモンキー125試作車体験会も行われ、本誌は色々な角度から取材を実施。今回はモンキー125のベースとなったグロムとの比較をお伝えする。

モンキー125は長さが縮み高さと幅が増した

モンキー125は、グロムのエンジンとメインフレームなどをベースにして開発されたことが明らかにされたが、スペック上ではモンキー125はホイールベースと全長が45mm短縮されている。これは、前記事でモンキーならではの台形シルエットを維持するために意図的に行われたとの解説を掲載した。シート高がモンキー125の方が15mm高くなっているのもその一環だろう。他には、モンキー125の方が全高が30mm高く、全幅は15mmワイドになっておりハンドル形状や位置がリラックスポジションになっているのが分かる。タイヤは同じ12インチを採用しつつもモンキー125の偏平率はグロムの70%→80%になっており、タイヤのボリューム感がアップしている。ライディングポジションは、写真上だとあまり違いが見られないが、モンキー125に比べグロムは前傾しているように感じられた。

右がモンキー125で左がグロム。真横の写真を見るとモンキー125が寸詰まり感を演出しているのがよく分かる。正面からは、ハンドルの高さの違いが見て取れるだろう。足着き性はともに良好だが、モンキー125のシートのボリューム感が際立っている。ライダーの身長は172cm、体重は65㎏となる。

モンキー125もスポーツ性は決して低くない

グロムはその外観から戦闘的なイメージがあり、乗り味もそれと一致する。少し前下がりのハンドルやシートでフロントに荷重をかける走りになり、自然とグリップも高められる感じだ。それに比べるとモンキー125は、フカフカ&フワフワのシート&サスやリラックスしたライディングポジションでスポーツ指向でないのは明らかだが、攻めてもある程度応えてくれそうな印象だった。感心したのはモンキー125の接地感の高さで、意図して荷重をかけなくても安心感が高かったのだ。その分限界は低いだろうが、普段使いやビギナーには利点となるだろう。

モンキー125のタイヤは、先代のタイヤの存在感を再現するため80偏平のセミブロックタイプとなったが、接地感が豊富で寝かし込んでも大きな安心感があった。グロムは荷重を高めてグリップ感を引き出す感じだ。エンジンパワーの違いは明確に分かるレベルではなかった。


撮影:真弓悟史

関連記事/リンク



※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. ナイケン
  2. 兄弟車試乗インプレ対決
  3. 自二車は中型二輪に限る
  4. HONDA CROSS CUB 110/50
  5. Moldel A(A型)
  6. 岡崎静夏
バイク王
Z900RS x STRIKER