東京モーターサイクルショー特集⑯

XSR700&SCR950ファスターサンズ改を初公開

2016年9月、XSR900のカスタムマシンとともに国内展開がスタートした「ファスターサンズ」に、XSR700とSCR950のカスタムが加わった。このうち700はモーターサイクルショーに出展されたが、SCRは展示なし。ここで全車揃えて紹介しよう。

全てルーツのモデルと同じ無地タンクで統一

アメリカで活躍しているカスタムビルダー・木村信也氏の手掛けたMT-07改「Faster Son」に端を発するムーブメントが「ファスターサンズ」。木村氏の作品=Faster SonはXSR700のコンセプトの元となり、そこからヤマハの現在に連なるネオクラシック路線が確立された。そして今度は、生み出された量産車両に木村モデルを投影したカスタムを施してその世界観を広めているのだ。Faster Sonのボディは金属を叩き出して形作られており、カラーリングは最小限でむき出しの金属地の色がそのまま生かされていた。それを踏襲してか2016年のXSR900に始まるファスターサンズカスタムは、全て無地のカラーリングとしている。そして、ルーツの名称を引き継いで、カスタム車両からアパレル、アクセサリーに至るまで「ファスターサンズ」でブランド化する動きが続いているのだ。

【YAMAHA XSR700ABS”FASTER SONS”コンセプト 2018年モーターサイクルショー参考出品車】木村モデルを元に生み出されたXSR700を再び木村モデルに近づけようという試みのカスタム。ビキニカウルは先に紹介したオーセンティックカスタムのXSR900に、KYBのサスはオーセンティックカスタムのXSR700に装着されていたものと同じだろう。

【YAMAHA Concept ‘Faster Son’ by Kimura 2015年】ヤマハが主に欧州で展開しているヤードビルトカスタムの一台として製作されたMT-07ベースのカスタム。これが2016年に欧州で発売されたXSR700の元となった。

SCR950ファスターサンズカスタムも撮影

今回、東京モーターサイクルショーの前にXSR700のファスターサンズカスタムを撮影したが、その時に持ち込まれていたのがSCR950とXSR900のファスターサンズ改。残念ながら会場に展示されることのなかったこれらモデルも紹介したい。SCRもペイントを剥離した無地タンクで統一され、ファスターサンズのロゴをアクセントに配置。プラナス製マフラーやツートンのシートなどはXSRシリーズと同じパーツ選択となる。これもいずれお披露目される機会を期待したい。

【YAMAHA SCR950″FASTER SONS”コンセプト 2018年】マシンの詳細は発表されていない。ヤマハは『スポーツヘリテージカテゴリーで共感し得る潜在的な価値観こそ「FASTER SONS」である』としており、同カテゴリーに属するSCR950のファスターサンズカスタムも製作したと思われる。

XSR900ファスターサンズは小変更

【YAMAHA XSR900″FASTER SONS”コンセプト 2018年(上)/2017年モーターサイクルショー参考出品車(下)】900もサイクルショーへの出展はなかったが改良が施された車両の撮影を実施。シートやテールランプ、ナンバープレートホルダーなどが変更されている。

シャークのヘルメット・ダラクもファスターサンズ仕様にコーディネートして参考出品。ファスターサンズは車両だけにどとまらないイメージ構築のキーワードになっている。

撮影:真弓悟史
「XSR700/XSR900のオーセンティック改解説」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事