マシン・オブ・ザ・イヤー2018
東京モーターサイクルショー特集⑫

2018CBR250RRの白を東モ仕様にするには?!

2018年3月23日に開幕した東京モーターサイクルショーでの注目車種を掲載していくシリーズ。今回は4月20日に発売となるCBR250RR ABSの白が大阪から初お披露目となったので紹介しよう。

一緒に展示されていたパーツで東モ仕様に

2017年10月の東京モーターショーに出品されたCBR250RRカスタマイズコンセプトのボディカラーであるパールグレアホワイトが、2018年モデルとして正式ラインナップに加わった。そのニュースは3月8日に発表され、後の大阪モーターサイクルショーで実際のマシンが初公開。そして、本誌も東京モーターサイクルショーで撮影することができた。しかし、今回注目したいのは新しいカラーリングではなく一緒に展示されていたカスタムパーツ群。CBR250RRが置いてある後ろの壁に展示されているものは、それを装着するとあの東京モーターショー仕様になるカスタムメニューなのだ。

気になっていた人にはどれも見覚えあるパーツばかりだろう。最も効果的なのは白く塗装されたゲイルスピードのアルミ鍛造ホイールで足元が白くなるとボディカラーと相まってスポーティな印象が強調されるとともに高級感がアップする。

カスタムパーツ総額は約43万円

それでは、東京モーターショーに出品されたカスタマイズコンセプトを製作するのにかかる費用はいかほどだろうか? オプション装備品リストも表示されていたので計算してみると…パーツの税込総額は43万704円となった。前後ホイールやマフラー、バックステップなど高価なパーツまでコンプリートしていることを考えるとこのくらいはかかりそうな印象だ。また、完成車の仕上がりはすでに実物化されているので、中にはこの額を出しても仕上げたいというユーザーもいるのではないだろうか。

【CBR250RR・カスタマイズドコンセプト 2017年東京モーターショー参考出品車】あれがこうなりますよ! と言わんばかりの展開?! ちなみに下記パーツリストにあるモリワキのステップはこの時は装着さていなかった。

ホンダがパーツとともに表示していたCBR250RR ABSのオプション品のリスト。

撮影:山内潤也/真弓悟史(カスタマイズコンセプト)
「2018CBR250RR ABSのホワイトは4/20発売」記事はこちら

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->