東京モーターサイクルショー特集⑪

2018スーパーカブC125の市販予定車を解説

2018年3月23日に開幕した東京モーターサイクルショーでの注目車種を掲載していくシリーズ。今回は市販予定車となったスーパーカブC125に東京で接触できたので以前に公開されたプロトタイプと比較しながら紹介しよう。

市販予定車のスーパーカブC125は細部に変更が

2017年10月の東京モーターショーに続いて大阪&東京モーターサイクルショーに出品されたスーパーカブC125。今回は市販予定車として展示され、跨りも可能状態で展示された。カラーリングは昨年の東京モーターショー時と変わらずだが、日本語のコーションラベルが貼り付けられており、より量産モデルに近づいていることを示している。また、展示車両には従来あったABSが装備されておらず、国内発売時はABSなしになるかも知れない。もしくは、ありとなしが選べるようになるのかは現時点では不明だ。また、2017年10月時の仕様と2018年3月の大阪・東京仕様では細部に違いがあるのでそれも比較してみよう。

【HONDA SUPER CUB C125(スーパーカブC125) 2018年型市販予定車 予想価格:40万円前後 予想発表時期:6月 予想発売時期:9月】日本語のコーションラベルとタイホンダによる製造を示すステッカーが貼り付けられて2018年3月、大阪と東京に展示された。

右が2018年3月に展示された市販予定車で左が2017年10月に東京モーターショーに出品されたプロトタイプ。ABSに使うセンサー用のリングがホイールハブ部にないのが分かる。またマフラーエンドの形状が変更されている。

右のサイクルショーに展示された市販予定車はステップのラバーが厚くなり、ペダルの踏みつけ部分の滑り止め加工が異なっている。

市販予定車にはレッグシールドとステアリング部分の隙間にゴムカバーが取り付けられている。テール部分はリフレクターが装着されていない。

二人乗りできるのもカブの強み

スーパーカブC125のエンジンはグロム系124ccという情報だ。発売されれば同系のエンジンを採用するモンキー125と人気を二分しそうな関係になりそうだが、異なるのは乗車定員。モンキー125が一人乗り仕様で発売されることは間違いない。一方、カブC125はタンデムシートこそないがステップは装備されており二人乗り可能だ。という訳で、東京モーターサイクルショーで男性二名で跨ってみた。カブC125の全長1910mm×全幅710mm×全高1002mmというサイズはスーパーカブ110の1860×695×1040と同等以上で、二人乗りでも余裕のあるライディングポジションを実現している。また、出力はカブ110よりも高いと予想されるので、二人乗り用途も考慮するなら原付2種のギヤ付きの中ではカブC125がベストになりそうだ。

スーパーカブC125に跨るライダーは身長178cm、体重65㎏で後席のライダーは170cm、70㎏。今回パッセンジャーは荷台の上に座ったが、純正パーツでタンデムシートが用意されるようだ。カブは大きくなったモンキーに比べても膝の曲がりが少なくポジションに余裕がある。2台を並べてみるとサイズ感はほぼ同じ。ちなみにモンキー125の3サイズは全長1713mm×全幅753mm×全高1030mmと発表されている。

撮影:山内潤也

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事