マシン・オブ・ザ・イヤー2018
東京モーターサイクルショー特集⑩

2018CBR1000RRカスタムはワークスレプリカ

2018年3月23日に開幕した東京モーターサイクルショーでの注目車種を掲載していくシリーズ。今回は東京で初公開となったCBR1000RR SPカスタマイズコンセプトを紹介しよう。

HRCのCBR1000RRWと瓜二つ

当WEBで3月22日に掲載したCBR1000RRWと全く同じカラーリングのカスタマイズコンセプトが、3月23日からの東京モーターサイクルショーで初公開された。これはホンダが製作したコンセプトモデルで、今年から全日本JSB1000と鈴鹿8耐にワークス参戦するチームHRCのCBR1000RRWをイメージしたもの。現時点ではあくまでもコンセプトモデルだが、ショーでの反響や今後のチームの活躍次第でこのHRCカラーが市販される可能性もあるだろう。

【HONDA CBR1000RR SPカスタマイズコンセプト&CBR1000RRW】ミラーがある方がカスタマイズコンセプト。フロント側のチャンピオンゼッケン「1」もレーサーそのもので再現度は高い。レーサーのカラーリングは、市販車のカウルにも自然に乗るように微妙な調整が施されたという。

ディテールにもこだわりが

ディテールに目を向けてもホイールがOZレーシング製になっているなどカラーリング以外でもワークス仕様を意識したカスタムが目に付く。それ以外はCBR1000RR用の様々なパーツを組み合わせたもので、ステップはアグラス、プロテクターはGBレーシング、ブレーキ&クラッチレバーはブレンボ、マフラーはアクラポヴィッチ、フェンダーレスキットはアクティブを採用している。

市販パーツで固められたディテール。カラーリングさえなんとかすれば、現行型ユーザーでも実現できそう。

撮影:山内潤也
「HRCワークス仕様のCBR1000RRWを撮影」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018