マシン・オブ・ザ・イヤー2018
殿堂入りのマルコ・ルッキネリ仕様

もう一台の新型GSX-R1000 GPレプリカカラー

2018年1月27日アップしたGSX-R1000/RのモトGPレプリカカラーに続いて、もう一台のGSX-R1000のGPレプリカカラーを紹介。昨年11月のイタリア・ミラノショーに出展された1981RG500とそのレプリカで、2017年6月のイタリアGPで26人目のレジェンドライダー賞を受賞したマルコ・ルッキネリ氏のために製作された特別な一台だ。

1981GP500チャンピオンレプリカカラー

2017年、「MotoGP Hall of Fame(モトGP殿堂)」入りを果たしたマルコ・ルッキネリ氏は、6月にイタリアGPが開催されたムジェロサーキットで「MotoGPレジェンド賞」を受賞した。これを記念して、スズキは11月のミラノショーでGSX-R1000 Lucchinelliレプリカバージョンを贈呈。カラーリングは、同氏が1981年にチャンピオンを獲得したRG500にインスパイアされたスペシャルで、 さらにSC PROJECT製のワンオフマフラーが装備されている。

グラフィックデザインは、イタリアのスズキスタイルセンターによるもので、Rizzi Designによって制作された。ベースはSTDサスのGSX-R1000で、RG500に合わせてホイールまで塗装されている。マルコ・ルッキネリ氏はガリーナ・スズキで1981年にチャンピオンを獲得しており、ゼッケン2番のマシンがその当時のもの。

2018新型GSX-R1000/RのGPレプリカカラー公開の記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018