マシン・オブ・ザ・イヤー2018
最大排気量のボスカブ

2018新型スーパーカブC125の価格と発売日

2017年10月の東京モーターショーに参考出品されたスーパーカブC125の国内での発売が明らかになった。ヤングマシン2月号(12月22日発売)の記事及びCGと新たに入手した写真で続報をお伝えしよう。

カブのアイコニックも夏発売! 正直どのホンダを買うか迷うわ~

朗報! モンキー125と同じく、東モで話題を呼んだプレミアムモダン仕様のカブも市販化が決定した模様だ。1958年の初代C100をオマージュしたフォルムやカラーは、製品版でも健在。シリーズ最大の125ccはグロムの空冷単気筒がベースだが、カブならではの自動遠心クラッチを備える。本誌予想で40万円前後となるだろう。新型ラッシュで嬉しい悲鳴ですよ、ホンダさん! (ヤングマシン2018年2月号より)

【HONDA SUPER CUB C125(スーパーカブC125) 予想価格:40万円前後 予想発表時期:6月 予想発売時期:9月】コンセプト車はキーレスエントリーだったが、なんと市販版も採用。各部の質感も抜群で今までの実用&コスパ路線と異なる。ゴージャスモダンだ! ちなみにスペックは未発表、ABSは非装備となるだろう。

現車写真提供:匿名様
スーパーカブC125のマシン詳細はこちら

タイでもスタンダードカブが発売

スーパーカブC125はタイで生産される見込みだが、その前にタイでもスタンダードカブが発売になることが1月16日に発表された。排気量は110ccでタンデムシートが標準装備されているのは、かつて国内に導入されていたタイ製のスーパーカブ100を彷彿させる部分だが、ライトは国内と同じ丸目となっている。

【HONDA SUPER CUB 2018年型タイ仕様】「Japanese Forever Retro」をコンセプトに開発されたタイ仕様(写真左)のカブと右は1988年に国内に導入されたタイ製のスーパーカブ100。タイでは1986年から現地生産でカブが発売されており、新型カブはタイでも「レトロ」として通用するようだ。モンキー125もタイにおけるジャパニーズレトロ人気が背景となっており、スーパーカブC125もタイ主導で開発が進んだという。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018