マシン・オブ・ザ・イヤー2018
規制対応とともに排気量アップ

2018新型ムルティストラーダ1260解説

ドゥカティのムルティストラーダが2018年型でモデルチェンジを実施した。ユーロ4の排ガス規制対応とともにエンジンを拡大。さらに車体やインターフェースも進化を果たした。欧州で実施された試乗会を機に新たな写真が公開されたので紹介しよう。

エンジンは1198→1262ccに排気量アップ

2018年モデルでドゥカティのムルティストラーダがモデルチェンジ。ユーロ4規制に対応するとともに排気量が1198.4cc→1262ccに拡大された。ストロークを67.9mmから71.5mmに延長することで排気量アップ(ボアは106mmで変更なし)。これに伴ってコンロッド、クランクシャフト、シリンダーが一新された。低中速域のトルク増強のため、DVT=可変バルブタイミング機構のキャリブレーションも見直されている。
排気量が1262ccまで引き上げられたパワーユニットは、従来型ムルティストラーダ1200をベースに開発され、低中速域で可能なかぎりのトルクを発生させることを目指した。結果、3500rpm以下の低回転域でも最大トルクの85%が発揮され、5500rpmで比較すると従来モデルを18%上回っている。また、最も頻繁に使用する回転域である4000rpmではクラス最大のトルクを発生するのだ。
また、吸排気系のデザインも一新。エキゾーストパイプも変更され、プレサイレンサーは内部レイアウトが変更されるとともに、サイレンサーも新型に置き換えられている。吸気では、エアインテークマウスのデザインが改良されている。

【DUCATI ムルティストラーダ1200S 2018年モデル欧州仕様 国内発売価格262万5000円~266万5000円】STDは231万6000円、パイクスピークは306万9000円で、2018年4月に国内発売の予定だ。新型の車体は、従来より延長されたスイングアームとホイールベースが採用され、フロン トジオメトリーに改良が施されているのが特徴。これにより、コーナリング時のハンドリングがよりシャープになった他、サイドパニアを装着して荷物を満載した状態でタンデム走行を行う場合でも安定性が確保されている。

電制やクルコンにインフォテインメントも

ムルティストラーダ1260は、ボッシュ製IMUを採用。IMUのデータは、コーナリングABS、フルLEDヘッドライトを内蔵したコーナリングライト(Sのみ)、ウィリーコントロール(DWC)、トラクションコントロール(DTC)の制御に使われる。DTCとDWCはライダーが8段階で設定を変更できるだけでなく、作動を解除することも可能だ。またIMUはSに装備される電子制御セミアクティサスにも活用される。
シリーズ全てのモデルにクルーズコントロールが標準装備され、左ハンドルバーのスイッチギアに一体化されたコントロールで任意の速度に設定できる。Sには、ブルートゥースモジュールも標準装備される。このモジュールは、ドゥカティマルチメディアシステム(DMS)に対応、マシンとスマホをワイヤレス接続したうえで、着信への応答、テキストメッセージの通知を実現し、さらに、ハンドルバーに設置されたスイッチを操作して、音楽の再生もできる。各種情報は、新しいTFTカラー液晶メーターパネルに表示される。

メーターの表示は1200エンデューロに似ているが細部が異なっている。左上のブルートゥースの表示がスマホとの接続を表しているようだ。サスのセッティングの画面は非常に分かりやすい。2015年モデルからムルティストラーダシリーズに加わったD|airバージョン(日本未導入)には、他のモデルに採用される標準装備に加えて、ドゥカティとダイネーゼの手 になるドゥカティアパレルD|airエアバッグジャケットを接続するインテリジェントシステムが採用されている。

主要諸元■軸距1585mm 車重232[235]kg■エンジン型式 水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1262cc  最高出力158ps/9500rpm  最大トルク13.2㎏-m/7500rpm 燃料タンク容量20L■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク■タイヤサイズF=120/70R17 R=190/55ZR17

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->