宿敵が火を着けた!

HONDA新型V4開発にGOサインか?!

ヤングマシン2017年12月号(10月24日発売)に掲載したスクープをWEBでも紹介。本来はミラノショーに出展されるモデルのスクープ特集の予定だったが、特報として記事化したのがこの次期RVF1000(本誌予想)。ドゥカティのパニガーレV4が話題になっていた時期だけにホンダの新型V4開発の情報は様々な意味合いを持つだろう。

打倒ドゥカティ、研究段階から製品開発へ

ついに公開されたドゥカティの市販V4エンジン。モトGPマシンのデスモセディチGPが搭載するV4を元に生まれた渾身のユニットである。これを積む公道モデル=パニガーレV4もミラノで披露される予定だ。これを機に「ホンダが新V4マシンの製品化に向けて、プロジェクトをスタートさせた」との最新情報が入ってきた!
ドゥカティV4の噂は数年前からあった。これに忸怩たる思いを抱いていたのがホンダである。RC213V-Sという破格のV4モトGPレプリカこそ販売したが、2190万円というプライスとレギュラーモデルではないことから、広く市販車に最新の技術をフィードバックできたとは言い難い。また、スーパーバイク世界選手権(SBK)や、8耐など世界耐久シリーズにもレース規則の関係で出場できない。
ところが、ドゥカティは市販V4を300万円台(実際には263万円~/編注)というかなり常識的な価格でレギュラーモデルとして販売予定。2019年からV4 でSBKにも参戦する。
これが、ホンダに火を着けた。ホンダのレースにおける栄光の歴史はV4と表裏一体。V4の本家として並々ならぬ想いがある。その意地に賭けて、ドゥカティには負けられないのだ。
近年、ホンダはV4の特許を旺盛に取得している。ただし「パテントのみで商品化に向けた動きはゼロだったのが実状」(情報筋)。だが、ゴーサインが出た今、次期排ガス規制ユーロ5が始まる2020年の市販化をメドに開発を進める、と予想する。213V-Sより現実的な価格で、SBKと8耐で常勝するV4マシンを早く見てみたい! (ヤングマシン2017年12月号より)

【HONDA 次期RVF1000 中段の特許図面を元にした予想CG】写真中段:今年3月、ホンダが米国で申請したV4用フレームの特許。コンパクトなメインフレームをシリンダーヘッドに締結し、ピボット部のフレームは分割されている。横幅を抑え、シリンダー上部のアクセスを簡単にするのが狙いだ。スパイショットされたパニガーレV4と偶然にもよく似ている。写真下段:今年に入り、可変吸気装置、エンジン下マフラー、フレーム、エアインテークなど、ホンダのV4に関する特許が大量に公開。奇しくもパニガーレV4の存在が明るみに出た時期と一致する。

右:最小限の変更のみでモトGPマシンの999㏄90度V4を再現。カムギアトレーンや360度クランクを採用し、組立は全て手作業で行う。馬力は、スポーツキット装着時で215㎰以上。2015年、世界200台限定で販売された。左:9 月7日、まずエンジン単体を発表。90度V4で、デスモドロミックや70度位相&逆回転クランクを採用する。公道向けにGPマシンより大きい1103㏄とし、馬力は210 ㎰以上。2019SBK 参戦用に1000cc版も開発する。完成車のパニガーレV4は11月5日発表だ。

現在のモトGPは、ホンダとドゥカティのV4マシンがタイトルを奪い合うアツい展開。10月15日の日本GP決勝でも2台がトップ争いし、最終ラップの最終コーナーでドゥカティが抜き返す衝撃バトルを繰り広げた。

ニュース提供:ヤングマシン12月号(2017年10月24日発売)※記事の内容は2017年10月中旬時点の情報です。

パニガーレV4の正式発表記事→こちらへ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事