2018年春の発売を正式発表

Ninja H2 SXの国内仕様が初登場!

11月16日に九州オートポリスで開催されたカワサキ2018年モデルの試乗&撮影会でスーパーチャージャー搭載のツアラー、Ninja H2 SX SEを撮影。それは、ETC2.0を標準装備した国内仕様試作車だった。比較で撮影したNinja H2カーボンは逆輸入車でブライトから発売されている。

SX SEが250万円、SXは205万円前後か?!

2017年モデルからNinja1000などが国内仕様として発売されるようになったが、来年はスーパーチャージャーモデルも国内正規ラインナップに加わる。すでにカワサキはH2 SXの「2018年春の発売」をアナウンスしているが、実車が初めて公開された。基本的には11月7日にイタリア・ミラノショーで発表された欧州仕様と変わらないが、シート下には日本独自のETC車載器を搭載。もちろんメーターにもETCが表示される仕様となっている。本誌の調査では、H2 SX SEが250万円、STDのSXが205万円前後で3月発売と予想される。ちなみにトップ写真右に写っているH2カーボンは334万8000円だ。

こちらはH2 SX SEのカラー液晶メーター。STDのSXはデジタル表示のモノクロタイプとなっている。ETCはZ900RSと同様に2.0を標準装備している。

 

H2と比べるとライポジは大幅にリラックス

試乗はできなかったが跨ることができた。ハンドルはアップタイプのセパハンで上体がかなり起き上がる。ZX-10RとNinja1000のような違いだ。ライダーの身長は168cm、体重は61㎏だ。

H2とSXの足着き性はほぼ同じ。ライダーの身長は168cm、体重は61㎏。

このカウルのマークから車名は国内でもH2 SXで確定。欧州でツアラーのネーミングに使われた記号でZ1000SX=Ninja1000が有名だ。

撮影:柴田直行/鳥丸浩次

 

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事