SEARCH

「PCX」の検索結果162件

岡崎静夏のホンダ ディオ110試乗インプレ【パワーも乗り心地の良さも街乗りにはベストバランス】

4月4日に全日本開幕戦を迎えたものの、トラブルで思い通りに走れなかった岡崎さん。街を思い通りに走れるディオ110と、癒やしの時間を過ごしました。 たとえるなら3人兄弟の真ん中。自転車で言えばMTB!? ディオ110に乗ってみて、「速っ!」というのが第一印象です。 エンジンは110ccで8.7psだから、手に余るような感じや怖さはもちろんありません。加速しても体が置いておかれることもない。 でも、流 […]

ヤングマシン9月号発売【特集:あのバイクはなぜ人気? 売れてる理由大解剖!!/別冊付録:2輪五輪】

『ヤングマシン』最新刊9月号、7月21日発売! ◆特集『あのバイクはなぜ人気? 売れてる理由大解剖』新型コロナ禍以降復活の兆しを見せているバイク市場において、特にオーダーを集め続ける人気モデルの魅力がどこにあるのか、その”売れている理由”をあらためて探ります。◆『ヤマハの逆襲!』新型トレーサー9/MT-09/MT-09SP/MT-07を丸山浩がイッキ乗り! ◆令和のHY戦争 […]

懐かしの「モトコンポ」が電動版で復活する?!【ホンダEV計画本格始動宣言から考察|YM未来予想】

’21年4月に本田技研工業の9代目社長となった三部敏宏氏は、就任会見の場で「’24年までに原付一種&二種クラスに3種類の個人向け電動バイクを投入する」と明言。“針小棒大”が信条(?)のヤングマシンでは、登場モデルをさっそく予想した。有力かつ我々が熱望する1台は、懐かし「モトコンポ」のEV版だ!! 時代を先ドリしすぎた伝説バイクよ、電動で復活を!! 世界最大の2輪メーカーであ […]

中高年バイク好きに人気絶大の『イージー・ライダー』を今の20代が予備知識なしで見たら、正直ワケわからなかった

最近年配のバイク乗りの人から「イージー・ライダーに憧れてバイクに乗り始めたんだよね」とか「イージー・ライダーに出てくるバイク、かっこいいよね」なんて話を聞く機会が多いのですが……なぜ、ある一定以上の世代に『イージー・ライダー』という映画がそこまで「刺さる」のか疑問に思った筆者。 作品の名前は自分を知っていましたが、カッコいいバイクが出ているから人気になったのか、もしくは登場人物たちの中に有名な俳優 […]

エンジン&フレーム刷新! 大幅進化のヤマハ新型「MT-09/SP」国内発売決定

ヤマハは、「MT-09 ABS」および「MT-09 SP ABS」をフルモデルチェンジし、2021年モデルとしてそれぞれ2021年8月26日/7月28日に発売する。ストロークアップで888ccとした新型エンジンを新設計フレームに搭載し、新型軽量ホイールなどで武装している。 エンジンとデザインだけじゃない! 細部にわたる刷新、SPはクルーズコントロールも ヤマハは、“Synchronized Per […]

ホンダ「ADV150」に期間限定ニューカラー! スポーティな新色の軽二輪SUVスクーター

ホンダは人気の軽二輪SUVスクーター「ADV150」に新色のロスホワイトを設定し、2021年モデルとして受注期間限定で発売する。発売日は2021年7月22日で、受注期間は2021年6月11日~2021年8月31日まで。従来のカラーリングは継続販売される。 ゲイエティーレッドと同パターンをモノクロに変換 ホンダは、2020年春に発売された人気のSUVスクーター「ADV150」にニューカラーを設定し、 […]

ホンダの交換式バッテリー、建設業界へ! コマツ「マイクロショベルPC01」電動版を共同開発

ホンダとコマツは、ホンダの交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を活用したコマツのマイクロショベルの電動化、およびモバイルパワーパックをさまざまな建設機械や機材に活用するための、土木・建設業界向けバッテリー共用システムの体制構築を目指し、共同開発に合意した。 PCXエレクトリックやベンリィe:などに続いて…… もはや電動バイクだけじゃない! ホンダとコマツは、ホンダがPCXエレクトリックな […]

’70sスクランブラームード漂う軽快スポーツカスタム〈’00 ハーレーXLH1200S〉

街乗りからツーリングまでオールマイティにこなす、’70年代スクランブラーテイストのカスタム 軽快で俊敏なXLスポーツスター。なかでも’70年代のアイアンスポーツは、いつの時代も熱視線を浴びているが、そんな時代を想起させるスクランブラーテイストのカスタムが、大阪のカスタムハーレーショップ・トランプサイクルの最新作だ。 4カムエンジンをリジッドマウントするXL1200Sをベース […]

岡崎静夏のホンダPCX160試乗インプレ【もはやオーバースペック!? カテゴリーを超えた車体】

’09年の初代登場以来、国内外のコミューターカテゴリーを牽引し続けているホンダPCX。細部を磨き上げ、ハイブリッドや電動モデルを追加するなどしてシリーズの魅力を高めてきた。新型PCX / PCX160は、スタイリング刷新/エンジン4バルブ化とフルモデルチェンジした4代目。全日本ライダー・岡崎静夏さんが試乗してそのポテンシャルを体感した。 もはやオーバースペック!! カテゴリーを超えた車体 先日、千 […]

『マシン オブ ザ イヤー2020』結果発表:スクーター部門【大人気のPCXが盤石の3連覇】

2輪4輪のプライズで日本最長&最古の歴史を誇る『マシン オブ ザ イヤー』。当年モデルの中から読者投票で人気ランキングを決めるガチ企画、ヤングマシン読者2239名が選んだ’20人気モデルやいかに? スクーター部門は、新参のADV150を猛追をかわし、安定の人気を保つコミューター・ホンダPCXが3連覇を果たした。 〈総評〉人気コミューターが僅差でADVから逃げ切った! ’17年まで7連覇 […]

ホンダが電動スポーツバイク計画を発表【‘24年にはパーソナル領域の原付クラス車も投入へ】

’21年4月1日にホンダの9代目社長に就任した三部敏宏氏が記者会見を行い、今後のホンダの進むべき道を示唆する中で「2輪車の電動化」についても言及。‘24年までにパーソナルユースの原付クラス車両3機種を投入すると発表したうえ、ホンダが「FUN領域」と呼ぶ、中〜大型スポーツ系バイクのEV商品も計画中と発表された。4輪ではキーワードとなっている「電動化」の波が2輪でも加速しそうだ。 パーソナ […]

ホンダPCX/160新旧モデル比較試乗インプレッション#2【らしさをそのまのままに全面刷新】

原付二種と軽二輪スクーターの勢力図を瞬く間に塗り替えてしまったホンダPCXシリーズは、誕生から11年目。来たるユーロ5に対応するため全面的に刷新し、早くも第4世代となった。その進化ぶりを旧型と比較して徹底解明する。後編ではテスター・大屋雄一氏が新旧モデルを乗り比べた。 PCXインプレッション:実用域の力強さアップ。旋回力も高まっている 前編に引き続き、新型PCXの進歩を明確にするため、今回の試乗で […]

ホンダPCX/160新旧モデル比較試乗インプレッション#1【これ以上ない正常進化!】

原付二種と軽二輪スクーターの勢力図を瞬く間に塗り替えてしまったホンダPCXシリーズは、誕生から11年目。来たるユーロ5に対応するため全面的に刷新し、早くも第4世代となった。その進化ぶりを旧型と比較して徹底解明! まずはスペック上の相違点を洗い出して紹介する。 4バルブ化で車体まで刷新。死角なしのフルチェンジ! 原付二種と軽二輪の両クラスで快進撃を続けているホンダPCXシリーズ。フレームを大刷新した […]

電動バイク2021新車ラインナップ〈日本車〉イービーノ/ジャイロe:/ベンリィe: etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク ヤマハ イービーノ ジャイロe:シリーズ|ベンリィe:シリーズ|PCXエレクトリック ヤマハ イービーノ:電気をもらって旅に出る? TV番組の充電旅でお馴染みの電動スクーター「イービーノ」。バッテリーは着脱式で、室内でも充電できる。坂道や加速したいときに一時的にパワーアップするブースト機能あり。’21モデルは’15年の登場 […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種スクーター〉PCX/リードetc.

PCX:シリーズの基本モデル[モデルチェンジ] かねてから原付二種コミューターの中でも高い人気を誇るPCXシリーズがフルチェンジ。伸びやかなスタイルは従来モデルを踏襲するため、一見すると小変更と思われがちだが、フルLEDのヘッドライトやポジションランプなど特徴的なフロントマスクも一新し、スクリーンの形状も異なる。eSP+エンジンは良好な燃費やクリーンな排ガスなど環境性能に一段と磨きをかけ、トラクシ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報