ついにスペアエンジンの腰上に着手!

【大鶴義丹・54歳、迷走の果て Vol.6】2023年カタナの旅・ピストンとシリンダーに潜む魔物。ピストンリングを2本折る……

様々なバイクを乗り継いできた大鶴義丹さんが50歳を過ぎ、辿り着いた『空冷カタナ』。第6回はスペアエンジンレストアの進捗について。腰上に着手するが、前途多難。バイク仲間に集まってもらい乗り切った。


●文:大鶴義丹

大鶴義丹(おおつる・ぎたん)/1968年4月24日生まれ。俳優、作家、映画監督など幅広いジャンルで活躍。バイクは10代の頃からモトクロスに没頭。その後、ハヤブサやGSX-Rシリーズでカスタム&サーキット走行も楽しみ、最近はハードなオフロード遊びがメイン。2012年に公開された映画「キリン」では脚本監督を手がけた。映画「キリン」から10年が経過し、テクニカルガレージRUNでスズキGSX1100Sカタナを入手した。

YouTube公式チャンネル 大鶴義丹の他力本願

「インチキゴッドハンド再始動」

2カ月ぶりに空冷カタナエンジンOHの再始動である。当たり前ではあるが、本業である2022年末の芝居公演が想像を絶するハードな作業であった。私が主演ということもあり、実際の演技作業以上にも色々な作業が山積みで、11月の上旬から、公演が終わるクリスマス過ぎまではバイクに乗ることは当然、カタナエンジンに触ることも控えていた。

芝居公演に重要なポジションで関わるときは毎度のパターンで、楽しいことをしてしまうと自分の中から「芝居っ気」が抜けてしまうからだ。

そして芝居が終わり、年末28日に、丸1日予定を空けて腰下を組み上げてしまうことにした。10月後半の時点で、ミッション、クランク関係のオーバーホール、エンジン全体のガンコート塗装などは済ませておいたので、あとは私の「インチキゴッドハンド」が上手く作動するかどうかである。

「半年かかって腰下まで」

カタナエンジンのレストアを初めて半年弱、所詮は素人の遊びではあるが、尋常ならぬ努力と勉強を積み重ねてきた。そしていよいよ腰下を組み上げるところまでたどり着くことができた。直すつもりが失敗して部品破損、再びやり直しなので、結局2倍、時間と費用がかかったりする。果てしない道のりだ。

それでも専門家などに教えをいただき、国内外のYouTube動画での勉強、パーツリストと睨めっこをしての純正部品発注、どの純正パーツが廃盤か、または海外からのパーツ輸入、塗装屋さんや内燃機屋さんとの専門用語を駆使してのやり取り。2023年における空冷カタナエンジンの諸事情についてはかなりの知識量を得た。

仲間のバイクショップなどから、「あの馬鹿マニア」に聞いた方が早いと、空冷カタナのエンジンの廃盤パーツについて質問されることもあるくらい。

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

ケミカル類はすべてワコーズを使用。ガスケットが固まってしまわないうちにクランクケースを合体させる。 [写真タップで拡大]

「いよいよクランクケースが合体」

クランクケースの下側にあるシフトドラム関係の組み込みは、10月後半の時点で完成させていた。見た目通りに、この部分はとても複雑で、サービスマニュアルも決して丁寧に組み立て手順を説明している訳ではなく、分解するとき動画を撮影しておいたのがとても役に立った。

しかしこの仕組みを組み上げるまでに理解していくと、普段バイクに乗るときに何気なくシフトペダルを踏みつけることが申し訳なくなる。あれは時計仕掛けのようで、もっと大事にシフトチェンジをしなくてはいけない。

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

クランクケースのスタッドボルトも一部が廃盤に。海外サイトから探してなんとか手に入れることができた。 [写真タップで拡大]

某元有名レーサー談。自分でエンジンを組むようなプライベートチームだと、心の奥でエンジンをいたわるような走りになってしまうが、ワークスチームの乗り手は、壊しても勝つくらいの意気込みだという。実際に私も、ここまで苦労して組んだエンジンを、レッドゾーンまで回すようなことはしたくない。

上側クランクケースにはミッションが収まる。ミッション関係は可能な限りベアリングやシール類を新品に交換した。またミッション関係の大掛かりなベアリング交換やプレス作業は内燃機屋さんに発注した。

クランクケースを組み合わせる手順は、逆さました上側クランクケースにミッションギヤを組み込む。それを「ニュートラル状態」にしておき、同じように下側クランクケースに収まっているシフトドラムとシフトフォークを、同様に「ニュートラル状態」で組み合わせていく。ちなみにこれらの作動部分は、すべて組付け専用のグリスでベトベト状態にしてあるのは言うまでもない。

クランクケースの上下は、液体ガスケットで密着させる。私はワコーズのガスケットメイクという液体ガスケットを使用した。同社ケミカル製品の信頼度は言うまでもないが、またこれは透明なので仕上がりもキレイだ。

はやる気持ちを抑え、クランクケース上下を仮組して、動きを事前チェックする。1人作業で、シフトフォークをミッションギヤの隙間に差し込んでいくのは至難の業で、どうしても手の数が足りない。助手がひとりいればどれだけ楽であろう。

悪戦苦闘で何とか組み合わせた上下のクランクケース。1速から5速、ニュートラルに入ることを確認すると、染みわたるような満足感があった。クランクシャフトも回してみたが、こちらはきちんと規定トルクで占めた後でないと良し悪しは判断できない。

再びバラし、クランクシャフトとミッションギアが収まる上側クランクケースを下にして、液体ガスケットを接着部分にギリギリ薄く縫っていく。またシール関係など、オイル漏れがしやすい部分などは、専門店に教わった特殊な塗り方をした。

「腰下完成の舞」

ガスケットを塗り終えたら、組付け位置を固定するノックピンを入れ、再び同じように上下クランクケースを合わせていく。ここで再びミッションギアの隙間に3本のシフトフォークを差し込んでいくのだが、再びこの難題に四苦八苦する。ガスケットを塗ってから数分以内に合体させなくてはならないのだが、実際には10分くらいかかってしまった。ある程度までは手で組み合わせたら、最後はゴムハンマーで丁寧かつ強気で組み合わせていく。

組み合わさったクランクケースはクランクボルトで、下側から締め上げる。私は3段階に分けて規定トルクまで丁寧に締め上げた。下側前部の太い特殊ボルトは、クランクシャフトを締め付ける重要部品でもあり、メーカー純正以外は使用できない。しかしこの中の、特に大事なボルトがメーカー廃盤であり、私はコネを使って海外から純正部品を高額で輸入した。

裏返して上部のクランクケースボルトを締め上げ、クランクシャフトを回してみると驚くほどにスムーズであった。引っ掛かりの「ひ」もない。大阪の有名な内燃機屋さん「エンジンショップ」で、愛のある曲がり修正を施しているのだから当たり前である。

そして再びミッションを1速から5速、ニュートラルへとチェンジしていく。思った以上にスムーズで、嬉しくなり「ゴッドハンド」と叫びながら、ひとり小躍りをした。腰下完成の舞である。

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

いよいよクランケースを合わせる。丁寧に、そして強気で組み合わせる。すべてのボルトを規定トルクで締め付けていく。 [写真タップで拡大]

「ピストンとシリンダーに潜む魔物」

その勢いでピストンに新品リングを入れ、コンロッドに取り付けていく。自分で言うのもなんであるが、結構速いペースであった。ピストンが並んでいるガンコートを施されたクランクケースは得も言われぬ美しさがあった。その光景に惚れ惚れとした。ここまで半年の時間がかかったのだ。

「ここまできたらシリンダーも入れたい」

時計を見るとすでに夕方であった。始めたのが午前中の11時くらいなので六時間以上経っていた。ピストンリングコンプレッサーを使い、ピストをシリンダーに入れるのは1人では大変だと知っていた。なので、この時点で作業をやめてその先の作業は仲間を呼び出して行うべきであるのは理解していた。

しかし「腰下完成の舞」でハイになっていたのが、ちょっとだけその先の作業を試したくなってしまった。

しかし、そこに「魔物」が潜んでいた。なんと1人で無理に行った作業により、ベースガスケットと高価な純正ピストンリングを2つも折ってしまった。バカな行為に1人ガックリであった。こういうところが、素人作業の限界なのだろう。

結局、年をまたぎ、破損した高い部品を取り寄せ、正月明けに、バイク仲間を4人呼び出した。その中の1人は整備士免許持ち。あれだけ苦労したのに、数人がかりだとピストン4つを入れるのもあっけない作業であった。

そしてリング等を組付け専用オイルで慣らし、ピストンが入った状態でクランクシャフトを回すと、適度に抵抗のあるスムーズ感で、良いエンジンに育つ気がした。ここまでの道のりに感涙で、再び「腰下完成の舞」をしそうになったがやめておいた。

教訓、絶対に4気筒バイクのシリンダーにピストンを入れる作業は1人ではやってはいけない。

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

クランクケースを合わせると、どうしてもその先に進みたくなり、ピストンリングコンプレッサーを使ってシリンダー組み付けを試みるが、1人では無理だった……。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

年明け早々、多くの仲間が集まってくれた。4気筒の腰上くみ上げにはたくさんの手が必要なのだ。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

ピストンリングコンプレッサーを取り付け、ギリギリの厚さに調整して製作した枕木を用意。枕木があると無いとでは天地の差が……。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|
MIGLIORE|ミリオーレ|スズキ|カタナ|GSX1100S KATANA|大鶴義丹|レストア|旧車|

仲間のおかげでスムーズにシリンダーとクランクケースを組みことができた。この後、クランクを回してみるととてもスムーズに作動。まさに感涙ものである。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ミリオーレ”が提供したものであり、文責は提供元に属します。※掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。※掲載されている製品等について、当サイトがその品質等を十全に保証するものではありません。よって、その購入/利用にあたっては自己責任にてお願いします。※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース