限定20台「シボレー カマロ RAPID BLUE EDITION」登場【鮮やかなラピッドブルーが圧倒的な存在感】

ゼネラルモーターズ・ジャパンは、人気のスポーツクーペ「シボレー カマロ」の限定モデル「シボレー カマロ ラピッドブルーエディション」を、全国のシボレー正規ディーラーネットワークにて限定20台販売する。車両本体価格は、660万円。

●文:月刊自家用車編集部

「LT RS」をベースに、鮮やかなラピッドブルーをまとう

彫刻を思わせる軽量/高剛性ボディに、2.0L直噴ターボエンジンを搭載し、新時代の「カマロ」を体現する俊敏な走りを生み出す、LT RSベースの「シボレー カマロ ラピッドブルーエディション」。ブラックのラリーストライプが引き締め、スポーティでパワフルなイメージを際立つエクステリアに仕上がっている。インテリアには、限定色のセラミックホワイトカラーのレザーシートトリムを採用し、特別感をさらに高めている。

[写真タップで拡大]

 

[写真タップで拡大]

また、この限定車の発売に合わせて、9月23日(金祝)から25日(日)まで「カマロ ビーストドライビングフェア」を全国のシボレー正規ディーラーで開催する。

今回のフェアでは、カマロのグローバルキャンペーンコンセプト「FIND THE BEAST WITHIN(内なる野獣を呼び覚ます)」をテーマに、マンガ家/イラストレーターの平戸三平氏によるアメリカンPOPが採用された。

このアメリカンPOPには、富士山/ハチ公/東京タワーなどをバックに、カマロのフロントフェイスをイメージしたマスクをまとったアメリカンヒーローが描かれ、内から湧き上がるビースト(野獣)が遊び心いっぱいに表現されている。

「CAMARO BEAST DRIVING FAIR」キービジュアル
[写真タップで拡大]

フェア告知サイトやSNSでは、ヒーローが動くアニメーションが公開され、ホームページで事前予約の上、フェア期間中に店頭でカマロに試乗した場合、全員に今回のキービジュアルが描かれたカマロオリジナルトートバッグがプレゼントされる。※限定モデルの試乗車は用意されない

カマロオリジナルトートバッグ
[写真タップで拡大]

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。
※特別な表記がないかぎり、価格情報は消費税込みの価格です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース