ガラスコーティングならCR-1【純度100%ガラス被膜&バイク専用で深い輝きを長期間キープ】

  • 2021/12/24
  • 【BRAND POST】CR-1(山城)
ガラスコーティングならCR-1

大切な愛車を汚れや劣化などから守ってくれるのがコーティング。そのなかでもCR-1は、純度100%を誇る本物のガラス被膜により、半永久的な効果が期待できるバイク専用ガラスコーティングなのだ。今回はオープンしたばかりだという”CR-1 STUDIO TOKYO”にお邪魔して、コーティングがどのように施工されているのか、実際の作業を取材した!

●文:田宮徹 ●BRAND POST提供:CR-1

日常メンテナンスが楽になる

愛車を特殊な被膜で覆うことで、美しい状態を維持できるのがコーティング処理。その中で、多くのバイクユーザーから絶大な信頼を集めているのが、国内外ブランドのバイクディーラーや二輪用品店など全国の認定プロショップで施工してもらえるCR-1だ。

CR-1はバイク専用に開発されたコーティングで、純度100%の完全無機質なガラス被膜を最大の特徴とする。これにより、紫外線や雨でも被膜が劣化しない優れた耐候性を実現。また、3.2GPa/9Hという高硬度を誇り、洗車時などに細かなキズが入る可能性も軽減される。さらに、耐熱温度は1300℃以上と極めて高く、エンジンやマフラーなどにも施工可能。

100%ガラス成分なのでパーツクリーナーも使用可能だし、ワックスのように滑りやすくならないためスポーツバイクのニーグリップなどに悪影響を与えることもまるでないのがスゴい。

’19年型GSX-R1000R
’19年型GSX-R1000R

今回取材用に持ち込んだのは’19年型GSX-R1000R。3000kmほど走っていて、カウルの虫汚れや洗車による小キズがある。この状態からでも、下地処理である程度まで改善できるが、本当はキズがほとんどない新車時にCR-1を施工するほうが、美しい状態を維持できる。 [写真タップで拡大]

施工コースはさまざまあり、コースおよび車種で料金は異なるが、前後ホイールやフレーム&フロントフォークなど車両全体を施工してもらえるフルコースで、既販車のGSX-R1000Rだと8万4700円〜。一度の施工で、被膜の効果によって汚れが落ちやすくなり、深い輝きが長年にわたり持続する。長く乗り続けるほどその効果を実感でき、その費用対効果に満足できるはずだ。

ちなみに、CR-1はある程度使用した車両にも施工可能だが、新車時のほうが美しい状態をコーティングで保てるため、よりオススメだ!

輝きは下地づくりで決まる

車体の傷をチェック
[写真タップで拡大]

作業開始。まず洗車では落としきれない過剰なグリスや、その他の汚れを落としながら車体の傷をチェックする。

外装部分を磨いていく
[写真タップで拡大]

電動ポリッシャーとコンパウンドを使用して、梨地・マット塗装面を除いた外装部分を磨いていく。仕上がりに大きく影響する作業だ。

埃や油分などを洗い流す
[写真タップで拡大]

磨きの際に付着や飛散したコンパウンドや各部の埃や油分などを、ていねいに洗い流す。その後、親水促進剤で表面処理。

車体を徹底的に乾かす
[写真タップで拡大]

車体に水滴などが残っているとコーティング時に過反応が起きてしまうため、時間をかけて車体を徹底的に乾かす。

最新仕様は低圧ガン3回吹き付け

液剤を吹き付けてコーティング
[写真タップで拡大]

最後に低圧ガンで液剤を吹き付けてコーティングする。各部を3回以上施工。フルコースはホイールや前後サスにもコーティングを施していく。

ヘルメットの施工もオススメ!!

ヘルメットにCR- 1を施工すると、虫汚れなどが落ちやすくなる効果が期待できる。料金は新品フルフェイス全体で7700円~(使用中の場合:8800円~)。CR-1の性能を試してみたいユーザーにも最適だ。

ヘルメットの施工

[写真タップで拡大]

プロショップサポートも手厚い

CR-1 STUDIO TOKYO

CR-1を展開する山城は、’21年11月に”CR-1 STUDIO TOKYO”をオープン。こちらは、研修などで使用される。充実した施設で、各プロショップのCR-1施工スタッフが、施工技術を徹底的に学べる環境が整っている。ユーザーにとっても安心感があるのだ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

WEBヤングマシン|最新バイク情報