最速の3気筒は8月23日に発表!

[トライアンフ]Moto2エンジンを市販車に!? 間もなく新型デイトナ765が公開される!

今年からロードレース世界選手権Moto2クラスにエンジンを供給しているトライアンフが、久々となるスーパースポーツモデルの発表を控えていることがわかった。限定モデルとして蘇る“デイトナ(Daytona)”は、歴代最強の3気筒エンジンを搭載する。

Moto2を運営するドルナスポーツ車の初公認モデル

リミテッドエディションを発表してから市販車へとつなげていく、近頃はそんな手法が見られるトライアンフから、新型デイトナのリミテッドエディションが登場することがわかった。トライアンフの3気筒スーパースポーツとして歴史を刻んできたデイトナが新たな姿で甦ることが予告され、その走りはMoto2マシンさながらだという。

2019年8月23日に姿が明かされるとしている新型Daytona Moto2 765リミテッドエディションは、765ccの排気量から歴代デイトナで最強の出力とトルクを誇る3気筒エンジンを、世界的なレースで勝利を収めてきたデイトナのシャーシに搭載。FIM Moto2トードレース世界選手権とのパートナーシップから誕生した初のモデルとなる。

新型Daytona Moto2 765 リミテッドエディション
新型Daytona Moto2 765 リミテッドエディションのイメージイラストがこちら。

唯一発表されているイラストからは、従来のデイトナ675に近いフレーム構成と、オーリンズ製サスペンションの装着が伺える。フロントフェイスはデイトナ675と同様にセンターにラムエアダクトを備えているが、ヘッドライトを含めてデザインは新しいものとなっているようだ。店頭予約はすでに受け付けを開始しているが、その姿はまだ明らかになっていない。

8月23日にはシルバーストーン・サーキットでのレースウィークエンドに新型Daytona Moto2 765リミテッドエディションのパレードラップが行われる。披露されるのは2台で、元世界チャンピオンの2人がライダーを務めるという。

2018年末に発表されていたMoto2イメージのレーサー

新型Daytona Moto2 765 リミテッドエディションの姿をもっともイメージしやすいのは、2018年末に発表され、2019年の東京モーターサイクルショーなどで展示されたレーシングプロトタイプだろう。これに保安部品を装着したら……。
Moto2に供給されるトライアンフ製の3気筒765ccエンジン。これをベースとして市販車のリミテッドエディションが製作されることになる。
こちらもレーシングプロトタイプ。今回発表されたイメージイラストがこのマシンをベースとしているのは明らかだ。

関連する記事/リンク

関連記事

2019シーズンからMoto2のエンジンサプライヤーとなるトライアンフから、市販スーパースポーツ「デイトナ」の名が復活することがわかった。2017年にMoto2で使用されるエンジンのプロトタイプが[…]

関連記事

MotoGP・Moto2クラスの独占エンジンサプライヤーとなることを発表したトライアンフ。現在のホンダエンジン(CBR600RRベース)によるレースは2018年までで、2019年以降のMoto2クラス[…]

tora1
関連記事

2月12日、イタリアのヴァレーゼにある旧AGIPのワークショップ/現ガレージ・イタリア・カスタムで、チームMVアグスタ・イデア・ラボロ・フォワードレーシング(Team MV Agusta Idea[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報