第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

~島根県道30・40号線 三瓶山高原道路(三瓶アイリスライン)~

【バイクで巡るニッポン絶景道】草原の緑が眩しい神話の世界へ! 三瓶山高原道路[島根県]#モトツー

  • 2019/7/21

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第42回は、独立峰である三瓶山を望む高原道路を紹介したい。草原風景の美しい西エリア、観光地帯の東エリア、温泉地帯の南エリア、自然公園の北エリアと、それぞれに楽しみがある。

TEXT:Hidetoshi KANDA

独立峰を見上げ、草原の緑が眩しい神話の世界へいざ!

山陰方面の絶景ロードと聞けば、日本海を望む海岸風景を連想しがちだが、全国的には比較的マイナーながら爽快な高原ツーリングを楽しめる絶景ロードがある。それが今回紹介する三瓶山高原道路だ。独立峰、三瓶山を望む絶好の高原風景を楽しめる、地元や中国地方界隈では貴重なツーリングロードとして人気のあるルートである。

三瓶山周遊道路、または三瓶アイリスラインと呼ばれるこのルートは、霊峰三瓶山の麓を周回する。総延長は約16kmで信号がまったくないうえに交通量も少なめなことから、一気に走り切ってしまう感もあるが、風景は変化に富み充実感はとても高い。

まず、西エリア以外は全体的にほぼ林間ルートとなっているのが特徴。大展望や断崖トラバースといった豪快さはないが、美しく明るい木々のトンネルをくぐりつつ高原を走り抜けるため、爽快感は抜群だ。前述のように総延長約16kmと短めであり、山麓を一周するのはノンストップだとあっという間。しかし、観光要素も多く各エリアの特徴を大いに楽しむことができるだろう。注意点は路面。傷みやすい積雪地であることから、舗装状態はお世辞にも極上とは言い難く、一見フラットに見えつつも、クラックや小段差が多い。また補修跡の段差も随所にあるので、速度には注意して走行したい。道幅は通常の2車線ながら、路肩スペースが大変狭いので、バイクでも駐輪は大変危険。必ず休憩スポットでの休憩を厳守してほしい。

草原風景の美しい西エリア、観光地帯の東エリア、温泉地帯の南エリア、自然公園の北エリアと、大きなポイントは4カ所に分類できる。なかでも絶景ロードとして押さえておきたいのは、西エリアの“西の原”付近。林間ルートの中、雄大な三瓶山と共に突然視界が開けるような広大な草原地帯は感激モノ。絶景道の名に相応しい感動的な光景だ。距離的にはほんの数キロの短い区間ながら“こんな山中にこんな風景が!?”と思わせる意外性が面白い。また、南エリアの温泉地帯もマニア垂涎の極上湯の宝庫。もちろん“温泉街”というほど発達しているわけではないが、古くより地元民御用達の共同浴場が点在しており、湯量豊富なかけ流し温泉が堪能できる。観光エリアでは展望リフトや自然史博物館といった施設やご当地グルメを頂けるスポットも点在。周回ルートで大変分かりやすい上、各エリアの変化が富かな為、初訪問でも楽しみやすい事が特長だ。

三瓶山界隈は世界遺産に認定された石見銀山に近い事もあり、旅エリアとして注目されつつあるスポット。石見銀山、温泉津温泉といった旅プランを立てる場合は、三瓶山高原道路もセットの一つとして必ず予定に組み込んでおくべきだろう。

4エリアに分類可能な三瓶山高原道路。ハイライトとなるのは西エリアの“西の原”だ。林間ルートから突如開ける広大な草原が印象的。短時間で風景が一変する変化がとても楽しい。

ルートの大半は原生林に囲まれた明るい林間ルート。道幅は全線2車線ながら、舗装の荒れが目立つので、運転には細心の注意をしていただきたい。

南エリアは豊富な温泉が楽しめる。とくにお勧めは地元民の愛用する共同浴場だ。こちらは戦前からの古い施設ながら清潔感と鮮度は抜群。マニアには特にお勧めの極上湯だ。

【三瓶温泉 亀の湯】
島根県大田市三瓶町志学ロ357-1 TEL:0854-83-2503 12:00~21:00 無休 200円
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 泉温36℃ 循環・塩素殺菌無し

世界遺産に認定されている石見銀山は、近世の古い町並みが保存されている地区でもあり、情緒抜群の風景。観光街と化しているものの、歩いて散策すればお土産などの店も多い。

“間歩”と呼ばれる、石見銀山の象徴的な遺構のひとつであるかつての坑道。一帯に非常に発達しており、地域の連絡通路として使用された例もある。内部見学可能な間歩もあるぞ。

世界遺産としての登録は“石見銀山遺跡とその文化的景観”であり、温泉津温泉と石見銀山を連絡する“温泉津沖泊道”も世界遺産の範疇だ。温泉津温泉街にある西念寺裏手の終点付近は近世そのままの様相がひっそりと保存されている。

温泉津(ゆのつ)温泉は世界遺産の一つである“温泉津沖泊道”の終点として賑わった港町だ。極上泉質の天然温泉が存分に楽しめる上、魚介類も豊富。旅での泊地としてもお勧めだぞ。

【薬師湯】
島根県大田市温泉津町温泉津ロ70  0855-65-4894
8:00~21:00※土日祝は6:00~ 450円 
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉 泉温:45.3℃ 循環・塩素殺菌無し

ロード情報

交通量:物流ルートではない山間部の周遊ルートの為、比較的少な目。とは言え、観光的要素の強い道路であり、各観光施設周辺は大型バスやマイカーも多く注意は必要だ。

路面:積雪地でもあり、気候的条件が厳しい為か路面の痛みが目立つ。大きな陥没穴は無いものの、路面の補修跡が多く小段差が多い。また、路肩が狭くルート上での駐車は大変危険だ。

~三瓶山高原道路~
秘境感★★★★
天空感★
潮風感★
爽快感★★★★
根性感★★★★
開放感★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。