~細野高原 三筋山登山道~

【バイクで巡るニッポン絶景道】天空より見下ろす大展望! これぞ絶景なり[静岡県東伊豆町]#モトツー

  • 2019/6/18

『バイクで巡るニッポン絶景道』シリーズは、ヤングマシンの姉妹誌であるモトツーリング編集長カン吉(神田英俊)が案内人。第14回は、修行レベルの難度を誇る、伊豆のとある山岳道。鬱蒼とした森林を抜けると、そこには感動的な光景が広がっている。

TEXT:Hidetoshi KANDA

酷道の先に突如開ける空前の展望! 東日本随一の風景がここにある

今回のステージは伊豆。“伊豆の道”と聞くと、多くの方が稜線上を走るスカイラインや、断崖絶壁上の海沿いトラバースルートを連想するに違いない。

しかし、この細野高原はまさに“隠れスポット”とも呼ぶべき知られざる絶景ポイント。近年はWEB等の影響もあり、多少メジャーになりつつあるが、数年前まではメディアに登場する事など皆無だった秘密の絶景ポイントだったのだ。

この超絶風景にも関わらず、今まで注目されていなかった理由は2つ。細野高原までのアクセス路の悪さと、現地の道幅の狭さだ。高原が始まる標高500m付近までは、軽自動車がギリギリ離合できる程度の1.5車線路。しかも、鬱蒼とした林の中の悪線形路で、路面は苔蒸している。その上、落石や倒木といった障害物も点在しており、大型ツアラーバイクにとっては少々厳しさのあるベテランライダー向けの酷道なのだ。また、高原上のルートはコンクリートの簡易舗装で、路面凹凸こそないフラットな路面だが、その狭さは悪魔的。何とバイクの離合すら躊躇う道幅なのだ。しかも、その傾斜度が半端ではない。あの日本一の傾斜度と言われる暗峠が平坦に思える程の恐るべき傾斜道で、大型車でも2速ギアがお勧めな程だ。“絶景道”とはいうものの、純粋に道としては修行レベルの酷い道と言える。

しかし、そこまで酷道でありながら、旅人の興味を引きつつ人気が尽きない理由は、その景色なのだ。標高は約800m程度と“山岳”と呼ぶにはあまりにも低い標高だが、今まで走ってきた鬱蒼とした森林道が幻と思える程の感動的な光景が目前に広がっている。

山腹をはじめ、稲取岬の全景の先には、相模湾・伊豆大島・利島が一望。その先に広がる太平洋の大海原まで一目で見渡す事ができるのだ。

展望風景というより、もはや天空より見下ろす情景。まるで航空機に搭乗しているかのような錯覚さえ覚える。

また、眼下は一面のススキ野。その野原の中を縦貫する1本の曲線路。この道こそ前述の激狭路なのだが、天空より見下ろすその様相は、まるで草原に横たわる大蛇。名付け人こそ不明ながら、人呼んで“大蛇の道”。大蛇だけに近寄れば苦難も多いが、遠巻きに眺めるとダイナミックそのもの。これを走ってきた事が誇らしくさえ思える道だ。

道と景色は2つで一つ。スカイラインのような良線形道のみが楽しみではない。絶景道の多い伊豆半島だが、定番のみならずこの様な隠れた絶景もまた伊豆の魅力に他ならない。ハードルは少々高いながら一度は訪れておきたい場所だろう。

路面は平坦ながら、そのアップダウンは極めて激しい。“大蛇の道”の別名通り、荒ぶる側面もあるが、日本の原風景らしいススキ野のスケールは圧倒的だ。

細野高原より南東へ約4.5km。現地からも目視できる程の位置にあるもう一つの絶景スポットが東伊豆町風力発電所だ。こちらは細野高原の隣の尾根に位置するが、相模湾一望の絶景と共に、巨大な風車が目前で回転する様相は大変ダイナミック。ピストン路ながら爽快感抜群の、秘密の情景だ。

目前には海、側面には高原風景と、伊豆では珍しい展望感の際立った光景が堪能できるスポット。現地路面は非常に綺麗だが、アクセス路はコンクリートの簡易舗装。道幅は広いので、初心者でも安心だ。

目前には稲取岬。ここでの名物は何と言っても金目鯛。稲取周辺で獲れる金目鯛は、餌の影響で脂の乗りが良い為、一味違うと言われており、最高級品として非常に珍重されている。そんな最高級金目鯛が頂ける稲取のスポットが、この網元料理徳造丸本店だ。煮付けとして頂く金目鯛は、上品かつ繊細な旨味でいっぱい。数人でシェアして頂くのがお勧めだ。

網元料理 徳造丸 本店
静岡県賀茂郡東伊豆町稲取798
TEL:0557-95-1688
10:30~16:45 水曜休

もう一つ味わっておきたい稲取のグルメがこの“伊豆オレンヂセンター”で頂けるウルトラ生ジュースだ。これは、周辺で獲れた名産のミカンを丸ごとミキサーで生搾りにして頂くみかんジュース。しかも、注文の度に調理する為、フレッシュ感が素晴らしい。定番ながら一度は味わって頂きたい。

伊豆オレンヂセンター
静岡県賀茂郡河津町見高1266-31
TEL:0558-32-1134
9:00~16:30 最終木曜休

注文の度、目の前のミキサーで絞ってくれる100%フレッシュジュース。寒い時期の風物詩ミカン。蜂蜜との絶妙な相性が素晴らしいアクセントだ。絶対に頂いておこう。

ロード情報

交通量:近年、比較的知られてきたスポットではあるがアクセスの不便さ故、観光客は殆ど見当たらない。道幅も狭く転落の恐れもある為、バランスには十分注意が必要。

路面:全体的にコンクリートの簡易舗装。アクセス路は落ち葉・落石も多く、決して快適とは言えない。絶景ポイント周辺も凸凹こそ無いが、激狭の為、走行には細心の注意が必要。

~細野高原 三筋山登山道~
秘境感★★
天空感★★★★★
潮風感★★
爽快感★★★★★
根性感★★★★
開放感★★★★★

関連する記事/リンク

MOTOツーリング

モトツーリングとは ヤングマシンと同じ内外出版社が刊行する、バイクツーリング専門誌。オシャレでキレイな旅よりも、現地に赴いてのガチンコ取材による深堀り記事制作を得意とする。偶数月1日発売。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

モトツーリング

モトツーリング モトツーリング編集部

記事一覧を見る

2010年秋にヤングマシン増刊として始まったのち、2013年秋号より独立創刊した、バイクのツーリング専門誌。「ここにしか載っていない面白いネタ」にこだわり、綺麗でオシャレなツーリング雑誌とは一線を画した実用的かつB級ネタも盛り込んだ誌面づくりに邁進しています。