第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

警察庁が「運転免許統計 平成30年版」を公表

二輪免許の取得件数が5年ぶりに前年比プラス【2018年】

  • 2019/5/10

一般社団法人 日本自動車工業会(自工会)発行のモーターサイクルインフォメーション2019年5月号によれば、今年の3月27日に警視庁が「運転免許統計 平成30年版」を公表。2018年における二輪車の運転免許取得件数が明らかになった。

普通二輪免許、大型二輪免許とも取得減少が止まる

3月27日発表の「運転免許統計 平成30年版」で明らかになった数字によると、2018年(平成30年)の運転免許交付件数は普通二輪免許、大型二輪免許ともに4年連続していた減少が止まり、5年ぶりの前年比プラスを記録した。下記は運転免許交付件数(新規+併記)の推移(過去10年・男女合計)/警視庁「運転免許統計」より集計されたものだ。

■運転免許交付件数(新規+併記)の推移(過去10年・男女合計)/警察庁「運転免許統計」よりモーターサイクルインフォメーション誌が集計。

過去10年間の傾向では徐々に減少が続く

普通二輪免許の取得件数は、この10年間で徐々に減少が続いているが、2018年1年間の普通二輪免許交付件数(新規+併記)では2017年よりも5765件多い16万4554件となり、2013年以来5年ぶりでプラスに転換。前年比で3.6%の増加となった。

一方、大型二輪免許の取得状況はというと、ここ10年間はほぼ横ばい。近年はやや減少傾向となっていたが、2018年の大型二輪免許交付件数(新規+併記)は普通二輪免許同様に2017年よりも1026件多い7万1570件となり、こちらも2013年以来5年ぶりのプラス転換となった(前年比1.5%増)。続いて各年代での傾向を見ていこう。

普通二輪免許は、20代以降の全年代でプラス

少子化の影響もあって、四輪免許も含め若い世代の運転免許取得は減少傾向。普通二輪免許についても同様の状況となっており、やはり若年層の免許取得はこの10年間でも減少傾向が続いている。

■普通二輪免許交付件数(新規+併記)/年齢層別(男女計)

だが、2018年については普通二輪免許のボリュームゾーンである20代が6万③5①3件で前年比5.4%の増加、30代も2万4009件で4.7%の増加となり、全体実績を持ち上げる原動力となった。また、40代と50代以上には二輪免許の取得志向が高まっており、40代では初めて年間2万1000件を超え、50代以上でも過去最多の交付件数となっている。ちなみに当WEB調べでは、2009年当時の20代はおよそ157人に1人が普通二輪免許を取得したのに対し、2018年は197人に1人となる。

大型二輪免許は20代がプラス転換、50代も伸長した

2018年の大型二輪免許取得に関しては、20代が2万2777件で前年比4%の増加、また50代は1マン1521件で前年比10.4%と大きく伸びている。これが全体の底上げに寄与し、トータルでの増加という結果となっているわけだ。

■大型二輪免許交付件数(新規+併記)/年齢層別(男女計)

運転免許統計:警視庁

集計・情報提供:一般社団法人自動車工業会

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る