人とくるまのテクノロジー展2019横浜に出展

ショーワのクルマ用 協調制御 とバイク用 電子制御サス が実際に見られる!

  • 2019/5/8

ショーワは、『人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜』(2019年5月22日~24日)に、四輪車用ステアリングとショックアブソーバーの協調制御、そして二輪車用 電子制御技術『SHOWA EERA』シリーズから世界初となる新技術を展示、紹介する。

メイドインジャパンの電子制御サスペンションが進化

昨秋のミラノショーことEICMA 2018でショーワが展示していたのは、停止時にのみ車高が下がって足着き性の不安をなくし、それでいて走行時には十分なサスペンションストロークを保って、走破性と取り回しのよさを両立するという電子制御サスペンション技術だった。仕組みは意外にもシンプルで、車高が上がっていく際には電子制御を用いず、ストロークによるポンピングでプリロードを強めていくというメカニカルなシステム。そしてバイクが停止が近づいたことをコンピュータが判断すると、今度は電子制御によってプリロードを抜いて(弱めて)車高を下げ、足着き性を向上するというものだった。当WEBおよびヤングマシン本誌でもレポートしたが、これを日本初公開するのだという。クルマ用の技術とともに展示されるので、『人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜』を訪れた際には、ぜひショーワのブースにも立ち寄ってみてほしい。展示される寝具術は以下の2つだ。

四輪車用 ステアリング・サスペンション協調制御

ショーワの『DPA-EPS』に代表されるパワーステアリング技術と、電子制御式ダンパー『IECAS(イーキャス)』を合わせて総合的なコントロールを行う『ステアリング・サスペンション協調制御』を、昨年の同イベントに続いて展示。ロジック進化により旋回フィールと安定感が向上しているといい、その技術の進化が映像などで体感できる。

二輪車用電子制御技術

バイク用の電子制御技術である『SHOWA EERA(ショーワ・イーラ)』シリーズの第一弾、二輪車用電子制御式減衰力可変ダンパー『SHOWA EERA Balance Free Damping Force(バランス・フリー・ダンピング・フォース)』に続き、シリーズの第2弾として『SHOWA EERA HEIGHTFLEX(ショーワ・イーラ・ハイトフレックス)』を2018年EICMAにて発表したのは当WEBでも既報のとおり。この技術は、 セルフポンピング機能とオイルの供給量を制御する電子制御式油圧バルブを組み合わせた、世界初の電子制御式 車高調整技術で、この人とくるまのテクノロジー展2019横浜への展示が日本初公開となる。

人とくるまのテクノロジー展2019横浜 開催概要

主催 :公益社団法人 自動車技術会
開催日時:2019年5月22日(水)~24日(金)
     午前10時~午後6時 ※最終日24日(金)は午後5時まで
開催場所:パシフィコ横浜・展示ホール
     〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1
入場料 :無料

関連記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)