オフロードを楽しむためのノウハウが満載

【老舗のDNA】オフロードマシン総合誌 ゴー・ライドが発進!

  • 2019/5/8

今年の2月に惜しまれつつ休刊した名門オフロード雑誌があった。『ガルル』という32年も続いたバイク雑誌は、初心者がこれからオフロードを楽しむためのノウハウがちりばめられていたことから、「代わりに読む雑誌がない」と嘆くファンも多かった。そこで、その雑誌のスタッフが再集結し、新たなオフロードマシン総合誌を立ち上げることに。ヤングマシンのファミリーに加わったその新雑誌の名は“ゴー・ライド”である。

ゴー・ライド発進号の巻頭特集は、小林直樹のライテク講座!

ゴー・ライドは、最新オフロードマシン詳解から懐かしのモデル解説、オフロードライテク講座にメンテナンス指南、スクール体験記からレースレポート、ツーリング記事から林道ガイドなど、オフロードマシンにまつわるさまざまな楽しさを紹介するオフロードマシン総合誌だ。

ゴー・ライド(Go RIDE)発進号。ひとまずは8月、11月、2月と続く季刊予定だが、目指せ隔月刊で編集部一同まい進している。5月7日発売・990円。

ガルル時代から人気の高かった企画も雑誌名と同様にコーナー名を変えて存続、またはリニューアルされ、安心して読めるオフロードマシン総合誌になっている。余談ではあるが、これを書いている中の人(ヤングマシン編集部員)がバイクの免許を取った1992年に、最初に買ったバイクはヤマハDT200WRであり、読み漁ったのはもちろんガルルである(時折バックオフも、であるが……)。オフロードを走る機会がめっきりなくなってしまってからも、老舗オフロード雑誌が残っていることを嬉しく思っていたし、心の中で応援していた。だから、名前が変わったとはいえ、この復活劇には喜びを禁じ得ないのである。

もくじ

ライテク、ツーリング、ニューモデルインプレッション!

さて、コンテンツの紹介をしていこう。ゴー・ライド発進号の巻頭特集は、ガルル時代から人気の小林直樹師範によるライテク講座。オフロードライディングを楽しむためのポイントを5つに分けて紹介し、安全に上達するコツをお伝えするというものだ。さらに、ダカールレジェンドの三橋淳さんが話題のファンティック・キャバレロ(FANTIC CABALLERO)シリーズをテストライド! また、オガPこと小川編集長がKTM 790アドベンチャーR(ADVENTURE R)、CRF250ラリー タイプLDをインプレッション。オフロードマニアやたぐわぁ氏(本誌でもおなじみのヤタガイヒロアキ)による詳細な林道ガイド「GO RINDO」、副編集長コイの「リコーダートツーリング」とツーリング記事も充実させている。人気バイク女子ちぱるちゃん、JNCCチャンピオン渡辺学選手の連載もスタートし、ツーリング派もレース派も楽しめる一冊となっているぞ!

【小林直樹が教える、オフロードを楽しむ5つのポイント】ゴー・オフロード!!

やたぐわぁのGO RIND!

渡辺学 スキルアップ・ラボ

【話題のモデルを徹底試乗】2019 NEW MODEL IMPRESSION ※写真は三橋淳+ファンティック

副編コイのオフ野駆け リコーダートツーリング

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る