第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

スズキGBのレストアプロジェクトを紹介

【2スト4気筒サウンド 動画】1976年、バリー・シーンに栄冠をもたらしたXR14

  • 2019/2/10

スズキGBは2017年5月に、バリーシーンが1976年に世界グランプリの500ccクラスでチャンピオンを獲得したマシン、XR14(RG500)を復活させ、その姿を紹介した。前回の記事で紹介したG-54はこのXR14の前身ということで、今回の記事と併せてお楽しみいただきたい。G-54の復元プロジェクトは下記リンクを参照されたし。

オーストラリアから復元プロジェクトのため空輸

このバイクは、1970年代にチームスズキに加入し、バリー・シーンのメカニックも務めたMartyn Ogborne氏によってレストアされた。ちなみにOgborne氏は2016年までスズキGBのテクニカルマネージャーを務めている。また、G-54のレストアプロジェクトで中心となったNigel Everett氏もこの修復に参加。彼は1975年から1982年までグランプリメカニックとして働いていたそうだ。

このファクトリーレーシングバージョンのRG500は今もバリー・シーンの遺族が所有しており、バリー・シーンの世界タイトル獲得から40周年を迎えた2016年にオーストラリアからイギリスへと空輸された。そして2016年のMotorcycle Liveのグランドステージに飾られた後、ヴィンテージモデルのために本物のスズキ製部品を供給しているスズキ・ヴィンテージパーツプログラムによってレストア工場へと運ばれたのだった。

そして修復を受けたこの1976年のチャンピオンマシンは、2017年7月にOliver’s Mountで開催されたSheene Festivalで、バリー・シーンの息子であるフレディによってライディングされた。

動画×2本

ディテール写真

金属音を奏でるマフラーは、長年の保管で錆が浮いている。しかし、これもまたいい。

1976年と1977年に世界タイトルを獲得したバリー・シーンだったが、ゼッケン1を付けることなく、アイコンとなっていたゼッケン7を付け続けた。今では多くのライダーがそうしているが。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)