ホンダ渾身のミドルスポーツは3月15日発売!

ホンダ’19CB650R国内モデル詳細:新世代CBでベストバランスの予感

ヨンフォア(CB400FOUR)へのオマージュなどをあしらいつつ、新世代のCBらしさを“ミドルスポーツ・ロードスター”として表現した「CB650R」が、ホンダドリーム店で2019年3月15日より発売される。兄弟車のCBR650R同様、従来のCB650F→CB650Rへと名称が変わり、まったく違ったモデルへと生まれ変わっている。

王道ネイキッドをスポーツバイクに融合

2018年春に先行して発売された兄弟車のCB1000R、CB250R、CB125R(海外仕様にはCB300RとCB150Rも存在)は、ネオスポーツカフェコンセプトを具現化したモデル群だ。それらに新世代CBとして与えられたミッションは、スポーツバイクの根源的な楽しさの追求、そしてスポーツバイクらしいたたずまいを実現することだったように思う。誰もが『CBである』と認めるためには、やはりどこかにCBの伝統的なデザイン要素を盛り込まなければならないだろう。それでいて新しさを表現しなければならないのだから、デザイナーの苦悩はいかばかりだったろうか。

現在のCBらしさのひとつには、かつてのCB1100RやCBX400Fなどに見られた力強い燃料タンクの造形がある。それはCB1000スーパーフォア/CB400スーパーフォアに受け継がれ、現在もCB1300シリーズやCB1100シリーズがそうした要素を持っている。もうひとつは王道ともいえる丸目1灯のヘッドライトだろう。これらを最新スポーツバイクと融合させたのが、新世代CBと言っていいだろう。

ユーザーもこうしたCBらしさを受け入れ、特にCB250Rは販売好調。CB125Rも同クラスの中では堅調だと聞く。ただし、最新の電子制御をテンコ盛りで採用したCB1000Rは、中身を考えればけっして高いわけではないものの、やはり164万520円という価格は手が届きやすいとはいいがたく、やや高嶺の花になってしまっているのも事実。そこで1年遅れで登場したCB650Rこそが、あらゆる意味でベストバランスなのではないか、というのが、これまでの流れや詳細な資料を見て感じられたことだった。

左からCB1000R、CB300R(CB250Rとほぼ同デザイン)、CB125R。共通の新装備として倒立フォークやラジアルマウントキャリパー、LEDの丸型ヘッドライトなどを採用している。いずれも2018年モデルの欧州仕様。

【HONDA CB650R 2019】●価格:96万1200円 ●色:黒、赤、銀

FからRとなり、CB1000Rの兄弟車として新生

新しい車名はCB650Rだが、その前身は2015年に登場したCB650Fだ。648ccの直列4気筒エンジンを搭載し、スーパースポーツのエンジンを転用したモデル作りからは一線を画した新世代ネイキッドとしてリリースされたFだったが、CBらしさという意味では王道から外れており、兄弟車のCBR650Fと同様に少し地味な存在になってしまっていた。

しかし、車名がFからRになるとともにデザインコンセプトを大きく転換。先行デビューしていたCB1000Rなどの文法に則ることで、新世代CBとして生まれ変わったというわけだ。LEDの丸目1灯や倒立フォーク、ラジアルマウントキャリパーを新採用し、軽量化とマスの集中化に加えてエンジンのパワーアップとレスポンス向上。これらにより、スポーツバイクの根源的な魅力を打ち出している。

中でも注目したいのは、その価格だ。95馬力という十分なパワーに加えて前述の充実した装備、そしてかつてのCB400フォアをオマージュした流れるようなエキゾーストパイプの取りまわしなどにより、兄貴分のCB1000Rにも見劣りしないデザイン性の高さ。これで100万円を切る価格設定なのだから、相当に魅力的といえる。もちろん、スペックシートやコンセプト資料を読み解く限り、あらゆる場面での扱いやすさとスポーティな爽快感を得られるのは間違いないだろう。こうしたことを併せて考えるほどに、やはりこれこそがベストバランスCB-Rなのではないか、と思えてならない。

走りを磨き上げ、軽量化を促進する車体

車重は従来の208kgから202kgへと6kgの軽量化を達成。またヘッドライトまわりやテールまわりを短く切り詰め、各部パーツもコンパクト化することでマスの集中化を図り、運動性能を向上している。このマス集中化プロポーションが、新世代CBとしての独自性を表現することにも貢献した。足まわりはバネ下重量低減を図った倒立フォークと、併せてラジアルマウントキャリパーを採用することでライディングフィールを向上。フレームなどは双子の兄弟ともいえるCBR650Rに準じた変更を受けている。

倒立フォークとラジアルマウントキャリパーを採用。フロントブレーキには新設計のφ310mm10ピンフローティングディスクを組み合わせている。ホイールは従来の6本Y字型スポークから5本Y字型スポークの新デザインとし、F=440g、R=530gの軽量化を果たした。

フレームはツインスパー形状を継承しつつ剛性バランスを見直した。メインフレーム後方に接続されるピボットプレート部は、従来の鍛造プレートからプレス成型品を組み合わせたボックス構造に変更し、軽量化&高剛性化を高次元で両立。またエンジンハンガーをクロスパイプに一体化することで軽量化と振動軽減を果たした。シートレールはアンダーパイプの接合部を上方に移動したほか、シート後端を従来よりも60mm短縮し、マスの集中化に大きく寄与する。

リヤサスペンションはスイングアームとショックユニットの締結部にピロボールを採用し、クッション作動性を向上させることにより路面追従性を向上。

従来のCB650Fに対し、ステップ位置をやや上げるとともに後方へ移動。グリップ位置はやや下げられ、より軽快に操りやすいライディングポジションとした。

官能的な直4フィールを追求したエンジン

従来のCB650Fから排気量648ccはそのままにパワーアップ。90ps/11000rpm→95ps/12000rpmと、5psの出力向上とともに発生回転数は1000rpmと高められた。最大トルクも発生回転数を8000rpmから8500rpmへとやや高回転化。これにより、スムーズな低中速から胸のすくような高回転域の吹け上がりへとつながっていく。

エアクリーナーボックスは新設計となり、吸気充填効率を向上。ただし、ツインラムエアダクトを採用したCBR650Rと異なり、こちらはストレート吸気となっている。また、新たに採用したアシストスリッパークラッチにより、クラッチレバーの操作荷重を軽減させるとともにシフトダウンにともなう急激なエンジンブレーキによる後輪のホッピングも抑制。ホンダセレクタブルトルクコントロール(トラコンに相当)も新採用し、駆動力のかけすぎによる後輪のスリップも緩和している。このトラコンは左ハンドルのスイッチ操作でオン/オフの切り替えも可能となっている

648ccの水冷4ストローク並列4気筒エンジン。高回転域のパワーアップのみならず、スロットル全閉から中開度域の3000~8000rpm付近のレスポンスを高めた。カムプロファイルの見直しによる高回転化、それに応じるバルブスプリングの最適化、高強度カムチェーンの採用やバルブシートの材質変更などが施された。

7000rpm付近からの刺激的な吹け上がりを追求。低回転のトルクは薄まっているが、むしろ谷がなくなっているのでスムーズさと感じられそうだ。

ピストンの頭部形状を変更し、燃焼室形状の最適化を実施。併せて着火性の高いイリジウムプラグを採用することで、燃焼の効率化を促進し、吹け上がり感とスロットルレスポンスを高めている。画像にはCBR650Rと表記してあるが、CB650Rも同様だ。

パワーユニットの性能向上に寄与するのが新設計のエアクリーナーだ。エアクリーナーエレメントを従来よりも20度立てることで吸気がよりスムーズにファンネル側に流れる構造となった。また、エアクリーナーエレメントの開口面積を約1.7倍へと拡大することで吸気抵抗を低減している。エアクリーナー全体で約200gの軽量化も達成。

従来のシングル吸気ダクトからツイン吸気ダクトへ。燃料タンク前端の左右に配されたシュラウド一体型チャンバーの前端から、安定的に導風する構造とした。また、左右吸気ダクトの先端を2ピース化し、チャンバー後部からも吸気を可能としたことで吸気効率を向上。鋭い吹け上がりに貢献している。

ツインラムエアダクトを搭載するCBR650Rにはかなわないが、従来モデル比では確実に吸気充填効率を向上。走行時のラム圧効果も体感できるかもしれない。

マフラーは、マスの集中化を図った従来の形状を引き継ぎながらテールパイプ径をφ35mm→φ38mmに拡大。また、テールパイプの角度を35.4度上向きとすることで、より低中音域のサウンドを楽しめるうようになった。

普遍的なCBであると同時に新世代であること

新世代CBシリーズのミドルクラスを担うモデルとして、シリーズ各モデルと同様に先進性と普遍的なCBらしさを融合したのがCB650Rだ。鋭くエッジを利かせた稜線と、しなやかな凹曲面を組み合わせた面構成により、コンパクト&ダイナミックなイメージに統一を図った。その他の装備としては、急ブレーキ時にハザードランプを高速点滅させるエマージェンシーストップシグナルを新採用。また、新設計のメーターは軽量コンパクト化を図ったフルフラットデザインとなった。ギヤポジションインジケーターなどの機能も追加されている。

メーターパネルは表示面を縁まで透明アクリルて覆い、液量サイズを最大化したフルフラットデザインに。従来比で約21mmの薄型化と93gの軽量化も果たし、マスの集中化に貢献。

スタイリングのコンセプトは『コンパクト&ダイナミック』。マスの集中化を感じさせる凝縮感のあるプロポーションに丸目のLEDヘッドライトを採用している。

赤には特別なキャンディー塗装を採用した。ベースコートには従来よりもさらに薄くなめらかな表面で反射率を上げた“次世代高輝度着色アルミフレーク”を採用し、カラークリアにはきめ細かい“ナノ顔料”とすることで、ベースコートに達する光の透過率を各段に向上した。この結果、高彩度の透明感と、見る角度で色味が大きく変わる性質により、豊かな立体感を表現することに成功している。

キャンディークロモスフィアレッド。クロモスフィア(Chromosphire)は太陽の「彩層」「色圏」の意。ホンダは1948年に創業してから380種を超える「赤」を作ってきたが、その象徴となりうることを願ってつけられた名称だという。

グラファイトブラック。硬質な印象のグロスブラックで、CB650Rのコンパクトな車体をさらに引き締める。

マットベータシルバーメタリック。機能パーツの集合体をイメージさせる、金属質感を重視。

ネイキッドバイクとして普遍的なラウンドシェイプ(丸目)と先進性を兼ね備えたLEDヘッドライトを採用。ベゼルとホンダのロゴをブラック仕上げとした。キーシリンダー位置をトップブリッジ前方から後方の車体側に移設し、マスの集中化だけでなく視覚的にもグッとコンパクトなフロントまわりとした。リヤまわりはCBR650Rと共通のショートテールを採用している。

【HONDA CB650R 2019】主要諸元■全長2130 全幅780 全高1075 軸距1450 シート高810(各mm) 車重202kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■キャスター25°30′ トレール101mm ブレーキF=φ310mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ240mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17

ニュース提供:本田技研工業

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)