長期ビジョン「ART for Human Possibilities」の一環

ヤマハ、新たに電動モビリティの開発/販売を計画【ベンチャー企業のglafitに出資/業務提携】

GFR-01 [glafit]

2018年末、ヤマハ発動機は2030年長期ビジョンを発表。「ART for Human Possibilities」を旗印とし、ロボティクス技術活用(Advancing Robotics)、社会課題へのヤマハらしい取り組み(Rethinking Solution)、モビリティの変革(Transforming Mobility)を推し進めることで、人々の可能性を拡げ、より良い社会と生活の実現を目指すことを公表しているが、その実現に向けての施策の一環として、電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を手がけるベンチャー企業・glafitに出資し、業務提携を結んだ。

glafitは和歌山発のモビリティー系ベンチャー企業。2017年に二輪ノンユーザーをターゲットにした、自転車でも原付スクーターでもない新しい電動ハイブリッドバイク「GFR-01」を発売し、新たな二輪ユーザーの獲得を目指している。

今回の業務提携により、GFRシリーズをベースとした派生モデルを両社で開発し、2020年春頃の販売を計画している。以降も電動モビリティにおける両社の強みを最大限に活かして、よりユーザー視点に立った、安心で便利で楽しいモビリティを提供していくとのこと。

世界を舞台とする大企業・ヤマハと、アイディアと機動力で勝負するベンチャー・glafitのコラボレーションからどんな相乗効果が生まれるのか、期待しつつ注視を続けたい。

※情報提供:ヤマハ発動機

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)