2019世界の新車総図鑑#15〈了〉

個性派海外バイクブランドの2019年モデルをチェック〈英仏台etc.×一挙18台〉

  • 2018/12/31

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではふだんはなかなか目にすることのない個性的な海外バイクブランドのうち、イタリア以外のヨーロッパ車&アジア車(ハスクバーナ、プジョー、ロイヤルエンフィールド、CCM、ARC、ブラフ・シューペリア、キムコ、SYM)の2019年モデル情報についてまとめた。

[コンセプト]ハスクバーナ ヴィットピレン701 エアロ

カフェレーサーからインスピレーションを得たコンセプトモデル。Svartpilenとプラットフォームを共有しながら、ハンドルバーの引き下げやロケットカウルによって違った雰囲気にまとまっている。

HUSQVARNA Vitpilen 701 AERO

主要諸元 ■未発表

[新型]ハスクバーナ スヴァルトピレン701

フラットトラックからインスピレーションを得たデザインが特徴の1台。パワフルなシングルシリンダーエンジンを搭載し、ライド・バイ・ワイヤスロットルやトラクションコントロールのほか、クイックシフターなど最新の電子制御技術も標準装備されている。

HUSQVARNA Svartpilen 701

主要諸元 ■シート高835mm158.5kg ■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 692.7cc 74.7ps 7.3kg-m 12L ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=190/55ZR17

[新型]ハスクバーナ EE 5

6つのライドモードを搭載した、50ccクラスの電動バイク。907Whのリチウムイオンバッテリーを採用し、シート高は2段階に調整できるほか、アクセサリのサスペンションロワーキットにより556mmまで下げることができるので子供の成長に合わせて高さを変えていくことができる。北米のディーラーでは2019年の秋から販売予定だ。

HUSQVARNA EE-5

主要諸元 ■未発表

[新型]プジョー プルシオン

プジョーの新型スクーター。メーターにTFTディスプレイが採用されているほか、「Iコネクトテクノロジー」を搭載しており、スマートフォン用専用アプリと連携することで、交通情報の取得やナビシステム、通話・SMS着信通知などをディスプレイに表示することが可能だ。また、スマートキーによるキーレススタートや、LEDヘッドライトなども搭載する。

PEUGEOT PULSION Allure

主要諸元 ■未発表

[コンセプト]プジョー P2X カフェレーサー

1976年を最後にスクーター専業メーカーになっていたプジョーモーターサイクルが、モーターサイクル界への復活を期した意欲作で、300ccの単気筒DOHCエンジンを搭載したコンセプトモデル。フルLEDヘッドライトにLEDのテールライト、ABS、12Lタンクを装備している。5インチのフルカラーTFTディスプレイは「Iコネクトテクノロジー」を搭載。

PEUGEOT P2X Cafe Racer

主要諸元 ■未発表

[コンセプト]プジョー P2X ロードスター

P2Xカフェレーサーと同時に発表された、125ccのコンセプトモデル。1930年代のプジョー515を意識したデザインで、レザーシートとスポークホイールがクラシカルなイメージを作り出している。5インチのフルカラーTFTディスプレイはP2Xカフェレーサーと同じくスマートフォンとの連携が可能なBluetooth機能を搭載するほかトラクションコントロールも装備している。

PEUGEOT P2X Roadster

主要諸元 ■未発表

[コンセプト]ロイヤルエンフィールド コンセプトKX

1938年に製造されたKXがモチーフのコンセプトモデル。オリジナルの1140cc Vツインエンジンに対し、こちらはコンパクトな838cc エンジンを搭載している。シートとハンドルにはレザーが施されておりレトロな印象だが、ヘッドライトにLEDを採用するほか、新たにデザインされたガーターフォークなどでモダンな演出も施されている。

ROYAL ENFIELD Concept KX

主要諸元 ■未発表

[新型]ロイヤルエンフィールド インターセプター 650

’50年代や’60年代のカフェカルチャーに触発されつつ、オリジナルのコンチネンタルGT250のテイストを盛り込んだ1台。クラシカルなシングルエンジンで知られたロイヤルエンフィールド初の2気筒エンジン(なんと270度クランク)を搭載する。

ROYAL ENFIELD Interceptor 650

主要諸元 ■全長2122 シート高804(各mm) 車重208kg ■空冷4スト2気筒SOHC4 バルブ 648cc 47.5ps 5.3kg-m 12.5L ■タイヤサイズ F=100/90-18 R=130/70-18

[新型]ロイヤルエンフィールド コンチネンタル GT650

18 インチのスポークホイールやフラットなシートが印象的なネオレトロモデル。新設計の648cc 空冷2気筒エンジンはFI システムとオイルクーラーを備える。そのほか、ABS やアシストスリッパークラッチ付きの6 速ギヤボックスを搭載している。

ROYAL ENFIELD Continental GT 650

主要諸元 ■全長2122 シート高804(各mm) 車重213kg ■空冷4スト2気筒SOHC4 バルブ 648cc 47.5ps 5.3kg-m 13.7L ■タイヤサイズ F=100/90-18 R=130/70-18

[新型]CCM スピットファイア

第二次世界大戦の時代からイギリスの戦闘機であるスーパーマリン・スピットファイアをモチーフとしたネイキッドモデル。職人により手溶接されたフレームやレザーシート、カーボン素材のフェンダーなど高級感のある仕上がりだ。150台の限定生産となっている。

CCM SPITFIRE

主要諸元 ■全長2170 シート高820(各mm) 車重139kg ( 乾燥) ■水冷4スト単気筒 600cc 55ps 5.9kg-m 14L ■ブレーキF= ディスク R= ディスク

[新型]ARC ベクター

カーボンファイバーの軽量な車体に95kWの出力を持つ電動スポーツバイク。専用のジャケットやヘルメットと連携することで、ヘッドアップディスプレイに速度やリアビューが表示されるほか、死角から接近する車両についての警告はジャケットの振動によって受け取ることができる。

ARC VECTOR

主要諸元 ■シート高840(各mm) 車重220kg ■140ps 40.0kg-m ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=180/55ZR17

[新型]ブラフ・シューペリア アニバーサリー

「二輪車のロールスロイス」と呼ばれるブラフシューペリア社は、2019年に100周年を迎えることを記念したモデル「ANNIVERSARY」を発表した。エンジンは90°のV型2気筒で、最高出力は99.2ps。手作業で作られる部分も多いため、販売台数は100台限定で、価格は10万ユーロ(約1281万円)だ。

BROUGH SUPERIOR ANNIVERSARY

主要諸元 ■ シート高820 mm車重196kg(乾燥) ■水冷4ストV型2気筒 997cc 99.2ps 9.0kg-m ■タイヤサイズ F=120/70-18 R=160/60-18

[コンセプト]キムコ スーパーNEX

「スーパースポーツ」と「電気」を融合させたEVバイクのコンセプトモデル。6速トランスミッションに、クイックシフターやスリッパークラッチを搭載するほか、わずか7.5秒で時速0km〜200kmに到達する加速性能を持つ。またキムコ・フル・エンゲージメント・パフォーマンス(キムコFEP)により、車両のスリップやウィリーを抑える。

KYMCO Super NEX

主要諸元 ■未発表

[コンセプト]キムコ CV3

2017年のEICMAでコンセプトモデルとして発表されたキムコ初の三輪スクーター「CV3」が2018年も再び出品された。「長距離ツーリングでの快適性と実用性」をテーマに、倒立サスペンションや軽量アルミフレーム、新設計のリヤフォーク、特別仕様のシート、脱着可能なルーフなど様々な面から長旅をサポートする装備が装着されている。

KYMCO CV3

主要諸元 ■未発表

[新型]キムコ AK550 55th

キムコ創立55周年を記念したスペシャルエディション。オーリンズのサスペンションとアクラボヴィッチのマフラーを搭載する特別仕様だ。そのほか、リモートキーやフルカラー液晶ディスプレイも採用している。カラーリングは、ボルドーとブラックの2色。

KYMCO AK 550 55th

主要諸元 ■全長2220 シート高785(各mm) 車重226kg ■水冷4スト並列2気筒DOHC4 バルブ 550.4cc 53.5ps 5.6kg-m 15L ■タイヤサイズ F=120/70R15 R=160/60R15

[新型]SYM NH X 125

モトクロスにインスパイアされたSYMのNHシリーズは「初心者ライダーやライディング愛している人にとって最高の選択であること」がコンセプトのバイク。共通のプラットフォームを持つXとTをラインナップし、Xはストリート寄りに仕上がっている。

SYM NH X 125

主要諸元 ■全長2040 シート高787(各mm)■空冷4スト単気筒SOHC2 バルブ 124.1cc 10.2ps 0.9kg-m 10.3L ■タイヤサイズ F=110/70R17 R=130/70R17

[新型]SYM NH T 125

NH X125の兄弟車であるTは、Xよりも31mm高いシート高が設定されたオフロード寄りの1台。デジタルインジケーターには速度はもちろん、回転数やギヤ、バッテリー電圧、オドメーターなどの情報を同時に表示することができる。

SYM NH T 125

主要諸元 ■全長2060 シート高818(各mm) ■空冷4スト単気筒SOHC2 バルブ 124.1cc 10.2ps 0.9kg-m 10.3L ■タイヤサイズ F=100/90R19 R=130/80R17

[モデルチェンジ]SYM ウルフCR 300i

ネオレトロモデルWolf Cafe Racer 300iがユーロ4の排出基準適合に合わせてモデルチェンジ。エンジンが従来の250ccから278ccエンジンに変更されたほか、ボッシュのABSブレーキシステムを搭載した。また、燃費は35.7km/Lの低燃費を誇る。

SYM WOLF CR 300i

主要諸元 ■軸距1341 シート高800(各mm) 車重176kg ■水冷4スト単気筒OHV4 バルブ 278cc 27ps 2.6kg-m 14L ■タイヤサイズ F=110/70-17 R=140/70-17

※ヤングマガジン2019年1月号掲載記事をベースに再構成

関連記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)