KATANA COMPLETE FILE 1980-2019

蘇るカタナ伝説〈04〉第2世代1100から70周年記念モデルまで

  • 2018/12/13

基本構成は不変だったものの2年目以降のカタナは各部の見直しを行い、外観の雰囲気を一新した。

細部の熟成によって完成度を高めた2代目:GSX1100SD

車体色がツートーンになった’83年型SDのわかりやすい特徴は、エンジンがブラック塗装になったことと、ホイールのデザインが変更されたこと。ただし、バックスキン調から一般的な素材に改められたシート表皮、ベースの素材をスチールからジュラルミン鍛造に刷新したステップ、ピン溶接が行われるようになった組み立て式クランク、大型化されたジェネレーターなど、変更点は多岐に及ぶ。前側エンジンマウントは固定方式を改善した。

スズキ GSX1100S SD カタナ

【SUZUKI GSX1100SD 1983】主要諸元■空冷並列4気筒DOHC4バルブ 1074cc 111ps/8500rpm 9.8kg-m/6500rpm 232kg(乾) Fタイヤ=3.50-V19/Rタイヤ=4.50-V17 ※輸出仕様車

スズキ GSX1100S SD カタナ

【SUZUKI GSX1100SD 1983】

 

先代の資質を継承して3年間に渡って販売を継続:GSX1100SE

’84年のスズキはGSXシリーズの新たなフラッグシップとして、フルカウル/リンク式モノショック/フロント16インチホイールなどを採用するGSX1100EFを発売したものの、カタナの販売も継続。もっとも3代目となるSEの変更点は、レッドを大胆に用いたカラーリングのみで、エンジンとシャシーの基本構成はSDを継承していた。なおSEの後期型以降の1100カタナは、フレームのバックボーン後端部に補強を追加している。

スズキ GSX1100S SE カタナ

【SUZUKI GSX1100SE 1984】■空冷並列4気筒DOHC4バルブ 1074cc 111ps/8500rpm 9.8kg-m/6500rpm 232kg(乾) Fタイヤ=3.50-V19/Rタイヤ=4.50-V17 ※輸出仕様車

【SUZUKI GSX1100SE 1984】エンジンとマフラーのブラックアウトは当時の流行で、カワサキZ1100GP/Z1000RやホンダCB1100Rなども同様の手法を取り入れていた。

【SUZUKI GSX1100SE 1984】独創的な星形デザインだったSZのホイールに対して、SD/SEはシンプルな6本スポーク。いずれもチューブタイヤの使用を前提とした構造。

【SUZUKI GSX1100SE 1984】SD/SEはフロントフォークのアウターチューブとリアショックのスプリングをブラックに変更。さらにテールカウルも濃紺→ブラックに刷新。

【SUZUKI GSX1100SE 1984】ED2の意匠を再現するべく、SZではバックスキン調のシート表皮を採用したカタナだが、SD/SE では一般的で滑らかな素材に改められた。

【SUZUKI GSX1100SE 1984】メーターは初期型から不変で、速度計のフルスケールは240km/h。ただし一部地域向けの速度計は、目盛りが250km/h まで刻まれていた。

欧州向けの限定車と日本独自の特別仕様車:GSX1100SAE/SBE

’87年にヨーロッパ市場向けの限定車として販売されたSAEは、初代SZの雰囲気を再現したモデル。この頃の日本では逆輸入車正規代理店として、スズキワールドグループが活動を開始しており、同社は1100カタナでは初となる、日本語の販促パンフレットを製作した。斬新な赤フレーム/シートを採用したSBEは、スズキワールドグループ以外の日本の大手ディーラーが企画した車両で、足まわりの構成はSEに準じている。

スズキ GSX1100S SAE カタナ

【SUZUKI GSX1100SAE 1987】■空冷並列4気筒DOHC4バルブ 1074cc 111ps/8500rpm 9.8kg-m/6500rpm 232kg(乾) Fタイヤ=3.50-V19/Rタイヤ=4.50-V17 ※輸出仕様車

スズキ GSX1100S SBE カタナ

【SUZUKI GSX1100SBE 1987】

スズキ創立70周年を記念するアニバーサリーモデル:GSX1100SM/SL/SSL

SAE/SBEの生産終了時に、いったんはカタナの製造ラインを撤収したスズキだが、’90年になると自社の創立70周年を記念する限定車として、アニバーサリーモデルを発売。1000台が生産された当初の機種記号はSMだったが、後にユーザーの声に応える形でSLが追加販売され、現在は両車を統合してSLと呼ぶのが一般的になっている。一応は逆輸入車だったものの、実質的には日本市場専用車で、当時の価格は110万円前後だった。

スズキ GSX1100S SM カタナ

【SUZUKI GSX1100SM 1990】■空冷並列4気筒DOHC4バルブ 1074cc 111ps/8500rpm 9.8kg-m/6500rpm 232kg(乾) Fタイヤ=3.50-V19/Rタイヤ=4.50-V17 ※輸出仕様車

スズキ GSX1100S SSL カタナ

【SUZUKI GSX1100SSL 1992】’91年から追加されたSSLは、SEカラーをまとったSL。パワーユニットはブラックが基本だが、キャブレターはシルバーの車両も存在した。

【SUZUKI GSX1100SM/SL 1990】SMとSLの相違点は、ガソリンタンク上面に貼られたスズキの創立70周年記念ステッカーのみで、それ以外の構成はまったく同じである。

【SUZUKI GSX1100SM/SL 1990】SM/SLはブレーキホースの一部とANDF用ホースがステンレスメッシュタイプとなり、フロントキャリパーのデザインが刷新された。

【SUZUKI GSX1100SM/SL 1990】タンデムベルトとテールカウル下部の荷かけフックは、日本市場を意識した装備。標準タイヤはブリヂストン/IRCからメッツラーに変更。

関連記事/リンク

写真をまとめて見る

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)