マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ドヴィツィオーゾも乗ったスペシャルカラー

ドゥカティ新型2019パニガーレV4Sコルセ(PANIGALE V4S Corse)が発売に

2018年11月4日(日本では5日)、ドゥカティがミラノショーに先駆けてプレスカンファレンスを実施し、パニガーレV4R(PANIGALE V4R)などの2019年モデルを初公開した。

レース・オブ・チャンピオンズの特別色が発売に

11月4日、新型パニガーレV4Rとともに、パニガーレV4Sコルセが正式発表された。ドゥカティのモトGPチームのオフィシャルカラーからヒントを得たこのカラーリングは、2018年7月に開催されたWDW2018のチャンピオンズレースで優勝したミケーレ・ピッロ選手のマシンと全く同じグラフィックが採用されたスペシャルバージョンとなる。このマシンは、チャンピオンズレースに参戦した他の11人のライダーが乗っていたマシンと共に全世界を対象としたオークションにかけられ、記録的な入札数を集めて落札されたもの。今回は、コレクターズアイテムではなく、パニガーレV4Sの2019年モデルの1カラーとしてラインナップされることになったのだ。

WDW2018のイベントレースで走行するミケーレ・ピッロ選手。普段は裏方でテストライダーをこなしている実力者が優勝し、これと同じカラーリングのパニガーレV4Sがラインナップモデルとして発売されることになった。

【DUCATI PANIGALE V4S CORSE 2019年型欧州仕様】モトGPオフィシャルカラーが施されたスーパーバイクファミリーのパニガーレV4Sコルセ。同じV型4気筒エンジンを心臓部に持つことから最新のモトGPレプリカマシンとしてもリリースされることになった。日本での発売も期待したい。

「2019新型パニガーレV4R(PANIGALE V4R)は221ps/193㎏でウイング付き」記事はこちらへ。
「パニガーレV4は214ps・263万円~で4月発売!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018