アメリカで発表

【正式発表】ヤマハが2019新型YZF-R3を公開、倒立フォーク&液晶メーター採用に

2018年10月11日、ヤマハがアメリカで2019新型YZF-R3を初公開した。これまで本誌で報じてきた通りフロントに倒立フォークを獲得し、Rシリーズ共通のデザインに一新された。

ハンドルは低く、フル液晶にメーターを採用

日本時間の明日、2018年10月12日にアメリカ・ラスベガスで開幕するAIMエキスポに先駆けて、ヤマハが2019年型新型YZF-R3を正式発表した。これまでの情報通り、フロントのサスペンションが正立→倒立フォークとなり、ヘッドライトがLEDに変更。顔の先端にYZR-M1のような吸入口(ラムエア機能はなし)をレイアウトし、デザインを刷新している。これらレーシーな装備とともに、ハンドルはトップブリッジ下に低くマウントされるようになったので、ライディングポジションは前傾気味に変化していると思われる。メーターは従来のアナログタコメーターからフル液晶タイプになった。また、新型YZF-R25もこれに準じたスタイルと装備を獲得して発表される見込みだ。

【YAMAHA YZF-R3 2019年型北米仕様】カラーリングはVivid White(ビビッドホワイト)。
【YAMAHA YZF-R3 2019年型北米仕様】カラーリングはTeam Yamaha Blue(チームヤマハブルー)。
【YAMAHA YZF-R3 2019年型北米仕様】カラーリングはMatte Black(マットブラック)。北米はこの3色でABSありとなしが選べる。

ニュース提供:ヤマハ

関連記事/リンク

関連記事

2018年10月11日、ヤマハが欧州やインドネシアでも2019新型YZF-R25とYZF-R3を正式発表。開発プロジェクトリーダーが新型のプレゼンテーションを行った。先にWEB配信したアメリカ発表分も[…]

001-24
WEBヤングマシン|最新バイク情報