アメリカとイタリアでニューモデルが発表予定

【スクープ】カワサキの2019年新型モデルは何が出てくる?!

10月上旬にインターモトショーが終わったばかりだが、10月11日(現地)にはアメリカ、ラスベガスでAIMEXPO(AMERICAN INTERNATIONAL MOTORCYCLE EXPO)が開幕。そして11月6日にはEICMA(ミラノショー)が控えている。このタイミングでカワサキが打ち出したティザー広告には、10台ものニューモデルの登場が予告されているが、一体どんなモデルが発表されるのだろうか。 ※記事は、ヤングマシン11月号(9月22日発売)より抜粋

アメリカに6車種、ミラノショーに4車種?

ティザー広告の画像にはカバーがかけられたニューモデルが全部で10台写し出されているが、左端の表示から前列の6台がAIMEXPO(アメリカ)で発表されるモデル、後列の4台がEICMA(ミラショー)で発表されるモデルと考えるのが自然だ。そのシルエットから大きい、小さい程度は分かるが中身までは推測するのは難しい。また、すでに発表されたNinja ZX-10Rシリーズや新型Ninja H2シリーズも含まれている可能性もあるだろう。なので、ここではこの画像にはとらわれず、ヤングマシン11月号(9月22日発売)でスクープしたモデルを掲載していきたい。当たりが含まれているかも?!

こちらは、カワサキがアメリカで公開しているティザー映像で4台の2眼モデルがこちらに向かってくる様子。6台ではなく4台? 全て2眼? 不明である。

【スクープ1】新型Ninja ZX-6R(ニンジャZX-6R)

チョイ足しの636㏄で公道からサーキットまで余裕のスーパースポーツが6R。排ガス規制に対応せず、欧州では’17年型でラインナップ落ちしたが、規制対応して復活するようだ。ライバルが姿を消す中、’17年、一足先にリフトアップ&電脳の進化で登場したYZF-R6とともにミドルSSクラスを盛り上げるだろう。R6と同様、これが最後のモデルチェンジとの噂もある。また、国内仕様が設定される可能性があるらしい。

【KAWASAKI Ninja ZX-6R ’19年型予想CG 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:70%】

【スクープ2】新型Versys1000(ヴェルシス1000)

’12でデビューし、’15でビッグチェンジした直4クロスオーバー。次期型は、’16で刷新された現行ニンジャ1000譲りのエンジンと電脳デバイスを獲得する模様だ。同時に、最新のニンジャ顔を獲得。よりカッコよく、ボッシュ製6軸IMU(慣性センサー)やコーナリングABSなどのサポートで走りの魅力がアップするとの情報だ。

【KAWASAKI VERSYS1000 ’19年型予想CG 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:70%】

【スクープ3】新型W800

’16年型で惜しまれつつも生産終了したW800が、根強い要望に応え、復活する模様だ。773㏄空冷バーチカルツインは、ヤマハのSRやセローと同様、規制対応のみとなるらしい。トライアンフのボンネビルが空冷→水冷化したのに倣い、水冷化や1000㏄化の噂もあったが、従来型を引き継ぐようだ。なお、情報筋によると「シンボルであるベベルギアは高コスト。将来的に水冷の新規エンジンに発展していく可能性もある」という。空冷は次で最後?

【KAWASAKI W800 ’19年型予想CG 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:70%】

【スクープ4】新型KLX125

カワサキが欧州でニンジャ125とZ125のスタイル写真と概要を発表した。これをベースに、マルチパーパスモデルに仕上げた「KLX125」が隠しダマとして用意されている、との情報をキャッチ。現行KLX125は既に生産終了しているが、その後継機となり、大径ホイールやロングストロークのサスなど専用装備が施されるだろう。なお、新型ニンジャ&Z125は日本国内での発売が濃厚。KLX125も同様となりそうだ。

【KAWASAKI KLX125 ’19年型予想CG 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:50%】

【スクープ5】新型Z400

発売以来、400クラス王者のCB400SF/SBを超えるほどの販売台数を記録しているニンジャ400。これをベースに、ネイキッドの派生モデル「Z400 」が出る可能性は高い。シリーズ共通の「凄み」デザインを施したファイター系と予想される。より軽快な走りが楽しめそうだ。そして、Zが出るなら期待したいのが「Z400RS」。ファイター系のZ900をベースにネオクラのZ900RSが開発されたが、ヨンヒャクでも同じ展開をお願いしたい。ゼファーの空冷直4とは異なるが、現代版ゼファーの雰囲気は十分。

【KAWASAKI Z400 ’19年型予想CG 予想登場時期:’18年秋 デビュー可能性:50%】

【KAWASAKI Z400RS 予想CG 登場時期:調査中 デビュー可能性:30%】

ニュース提供:ヤングマシン2018年11月号(9月22日発売)

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事