ファンな走りと日常性が同居、ミドルの傑作車

カワサキ2018新型Z650の試乗インプレッション

長らくカワサキのミドルクラスを担っていたER-6n。’17年にフルモデルチェンジしZ650を襲名した。ニンジャ650のネイキッド版、その走りやいかに。 ※ヤングマシン2018年9月号(7月24日発売)より

【〇】従順なエンジン特性

649㏄の水冷パラツインを搭載するER-6nがメインフレームを一新。特徴的だったリヤサス(リンクレスのオフセットレイダウン)はリンク付きのホリゾンタルバックとなり、車重は19kg(!)もダウンした。この大がかりなモデルチェンジと合わせて車名を〝Z650〞としたのが昨シーズンのことで、今年は車体色を変更。個性的な白が廃止となり、イエローが新色として用意された。車重はZ250が170kgを公称するのに対し、Z650は187kgしかない。しかもライポジは非常にコンパクトで、足着き性も抜群にいい。排気量を示す数字は小さくリヤカウルに入るだけだから、初見だと「650㏄もあるの!?」と驚くに違いない。

特に6000rpmまでの低中回転域を扱いやすく改善したという水冷並列2気筒エンジンは、最高出力こそ70.7psから68psへと微減。だが、車重が8%もダウンしたので、パワーウエイトレシオではむしろ有利になっているのだ。3000rpm以下ではささやくような鼓動感があり、そこから6000rpm付近までは爽快に加速。そして、レッドゾーンの始まる1万rpmまで淀みなく伸び上がっていく。回転域ごとにさまざまな表情があり、しかもスロットルワークに対するレスポンスが過度に感じない範囲で忠実など、よくぞここまで仕上げてきたな、という印象だ。

【KAWASAKI Z650 2018年型国内仕様 価格:78万6240円 色:黒、黄】Zシリーズ共通のSugomiデザインを継承しつつ、親しみやすさを加味したスタイリング。標準装着タイヤはダンロップのD214。正立式フロントフォークは前作と同じφ41mmで、ハブ側をY字とした5本スポークホイールは新作。

【〇】素直なハンドリング

ハンドリングはさらにいい。基本的にどんな乗り方でも曲がれるという懐の広さや安心感があり、さらに正しく荷重すると目の覚めるような旋回力が引き出せる。つまり、ビギナーだけでなくベテランもそのポテンシャルに酔えるのだ。フレームは単体で8kgも軽くなっているが、剛性不足は一切感じられず、前後サスと合わせてしなやかに路面を捉えている印象だ。なお、フロントブレーキのキャリパーはピンスライドの片押し式2ピストンだが、下り勾配のきつい峠道でも特に不足は感じられず、またボッシュ製ABSユニットの作動性も特に不満はなかった。

普段使いしたくなる気軽さと峠道でのファンな走りが同居する秀作であり、純正アクセサリーが豊富な点にも注目を。

シート高は805mmから790mmへとダウン。車体がスリムなこともあり足着きは優秀だ。ハンドルはやや低めで、上半身が軽く前傾する。ライダーの身長は175cm、体重は62㎏だ。

【×】ニンジャとの差額2万円、ライバルより高めだ

フルカウルの兄弟車であるニンジャ650との差額が約2万円しかないため、やや割高感が。加えて、直接のライバルであるヤマハのMT‐07やスズキのSV650 よりも高く、このカテゴリーで何を買おうか迷っている人にとっては価格が不利になりそう。

【結論】鋼管フレームの勘所をつかんだカワサキ強し!

先月号で試乗したZ900もそうだが、カワサキは高張力鋼管トレリスフレームの勘所をうまくつかんだのか、ハンドリングがとにかくいい。このカテゴリーは優良車がひしめきあうが、デザインも含めてかなりいい勝負をするだろう。

180度クランク採用の649㏄水冷並列2気筒エンジン。スロットルボディ径をφ38→36㎜としたり、吸排気カムの作動角やオーバーラップを減らすなどして、より低中回転域を強化。マフラーの最適化でユーロ4もクリア。

Z900と共通デザインのフル液晶メーターパネル。回転計の表示は3パターンから選択でき、ギヤ段数表示や瞬間&平均燃費計も採用する。レバーの調整段数は左右とも5段階。

前作のダブルペリメター(上)から完全新設計のトレリスフレーム(下)へ。カワサキ独自の解析技術により、同じ高張力鋼管を使いながら単体重量は8㎏マイナスの15kgへ。さらにスイングアームもマイナス3kgの4.8kgと大幅に軽量化。

シャープなデザインのメーターカバーとシュラウドでZらしいスタイルを構築。ヘッドライトは1灯で、左右にポジションランプを内蔵。Zの文字が浮かび上がるようにLEDを並べたテールランプ。シートカウルはシャープかつ非常にコンパクトだ。

フロントφ300 mm、リヤφ220mmのペタルディスクを採用。ABSユニットはボッシュ製9.1M。キャリパーはニッシン製。ボリューム感のある燃料タンク(左)。容量は16→15Lへ。樹脂製のフューエルキャップはボルトが見えないデザイン。

タンデムシートはキーロックで脱着可能。その下にETC 車載器を標準装備する。ライダーシートは前側をラバーマウントとし振動軽減。

主要諸元■全長2055 全幅775 全高1080 軸距1410 シート高790(各mm) 車重187kg(装備) ■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649㏄ 68ps/8000rpm 6.6kg -m/6500rpm 変速機6段リターン 燃料タンク容量15L ■ブレーキF=Wディスク R=ディスク ■タイヤF=120/70ZR17 R=160/60ZR17

撮影:飛澤慎
ニュース提供:ヤングマシン2018年9月号(7月24日発売)

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。

この著者の最新の記事

関連記事