日本人好みの”丸目”に回帰、走りの質感も向上!

2018新型スーパーカブ110/50の試乗インプレッション

1958年からの累計生産台数が1億台に到達したホンダ・スーパーカブ。その最新型は新排ガス規制に適合しつつ、従来型で角型だったヘッドライトをLED 式の丸目とするなど、“ニッポンのカブ”スタイルへと回帰したデザインが特徴だ。 ※ヤングマシン2018年1月号(2017年11月24日発売)より

【〇】日本人が思い描く”カブ”に

エンジンの耐久性やシフトフィール向上、シートや操安性の改善などなど、新しいスーパーカブは従来型の車体を踏襲しつつ、じつに細やかな改良を施している。排ガス規制に対応してシリンダーやピストンを新作、オイル経路にも手を加えたエンジンなどは、実はほぼ新設計なのだ。しかし、その最大のポイントは「丸目」のヘッドライトを核とするスタイリングの刷新だろう。日本人の多くが角目の従来型より”カブらしい!”と感じるはずのこのデザインは、累計1億台達成や来年の発売60周年を踏まえたメモリアルモデル……と思いきや、それは全く関係がないのだという。真相は、従来はモダンなデザインを好んだタイなどで、レトロ系の人気が急上昇しているから。特にここ1~2年はその気運が強まり、日本のスーパーカブも「オシャレだ!」と人気を博しているらしい。そうした背景を受けて「ならば、新型カブは思いっきり日本人好みに!」と開発陣が奮起した結果”丸目回帰”が実現したということのようだ。

【HONDA SUPER CUB 110(左)/50(右) 2018年型国内仕様 価格:27万5400円/23万2000円 色:青メタ、白、緑、紺、ベージュ/黄、銀、緑、紺、ベージュ】中国生産のグローバルモデルだった従来型から熊本生産になった新型。フレームやサスペンションの基本を受け継ぐが、スタイルは別物だ。

【〇】シフトタッチが滑らか、エンジンの振動も低減

そして110は、全域でしっかりと力強いエンジンや4段ミッションの適切なレシオ(3速の守備範囲が広い)といった美点は踏襲しつつ、”ガチョン”と男らしかったシフトが”スコン”と軽く入るようになり、尻に伝わるエンジンの振動も大幅に低減(シートの改良も奏功?)。荒っぽい従来型の方がむしろ力強く感じてしまうほどだ。操安面ではフロントフォークカバー後部にスリットを入れるなど、空力の改善で安定性を増し、スイングアームのショック取り付け部を補強してサスの動きも改善。こちらはエンジンほど明確ではないものの、安定感が増したような印象は受けた。

50も基本的な印象は同様だ。エンジンの力が小さい分、110で感じた上質さはむしろ際立っていて、エンジン内のギヤが発するヒュルル〜という音がよく聞こえるのも50の個性。タイヤが細いからか、ハンドリングのヒラヒラ感も110より強い。

低めのハンドルが身体の近くにあり、こぢんまりとしつつも背筋が伸びる、スーパーカブ特有のライポジ。足着きも踵までベッタリで不安は皆無。ライダーの身長は170cm、体重は70kgだ。

【×】装備は充実したが価格は約4万円上昇

制動力自体は不満ないが、フロントブレーキがディスクなら安心感が増すはず。ギヤ位置の告知灯があればロータリー式ミッションに不慣れな人も安心だろう。規制に対応して装備も充実した分、価格は上昇した。

【結論】激変ではないが確実に上質化、スタイルもイイ!

ブレーキやギヤ位置の件を開発陣に伝えると、前者は整備性や維持のしやすさでドラムを選び、後者は「ユーザーの多くは配達員などプロで、ロータリーに違和感は少ない」からと不採用。カブはコストや耐久性も重要なのだ。

熱間時の歪みを抑えるスパイニースリーブを新採用、ピストンもモリブテンコートを施しフリクションを低減。シフトドラムに支持ベアリングを追加して変速フィールも改善し、エアクリーナーやFIセッティング、マフラーも変更されている。

カムチェーンへのガイド追加などで静粛性を高め、カートリッジ式オイルフィルターの追加(上写真左)などで耐久性と整備性を追求。

扇型だった従来型から、卵型へと形状変更されたメーター。フルスケールは120km/h(50は60km/h)で燃料計も装備。

シートはウレタンを高密度とし、底板形状も変更して座り心地を改善。シート高の735mmは新旧で不変。カブのデザインアイコンでもある、独立したサイドカバーも新型で復活。左側の内部は書類、右側は電装系が収まる。

新型はヘッドライトを丸目とし、上下にロー/ハイを分けたLED 式に。丸型のウインカーと相まってカブらしいフロントマスクに。

新型はフォークカバー後部にスリットを入れて走行風を抜くなど、空力を使ってフロントまわりの接地感を改善。スイングアームのリヤサス取り付け部は、鉄板を1枚から2枚重ねとして剛性をアップさせ、サスの作動性を向上。

新しい外装パーツは整備性にも配慮。ボディパーツはリヤキャリヤを外さず着脱でき、レッグシールドも3分割式から左右一体型に。

スーパーカブ110主要諸元[ ]内は50 ■全長1860 全幅695 全高1040 軸距1205[1210] シート高735(各mm) 車重99[96]kg(装備) ■空冷4スト単気筒OHC2バルブ 109[49]cc 8.0[3.7]ps/7500rpm 0.87[0.39]kg-m/5500rpm 変速機形式4段リターン 燃料タンク容量4.3L ■ブレーキF=ドラム R=ドラム ■タイヤF=70/90-17[60/100-17] R=80/90-17[60/100-17]

取材協力:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン
撮影:山内潤也

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

この著者の最新の記事

関連記事