世界観は東京・アニメ・マンガ・ハイパフォーマンスバイク

伊バイク展覧会に日本車の「テクノロジー」がアートとして展示された

2018年7月18日、北イタリア、トリノのヴェナリア宮殿で実施のバイクアート展が初日を迎えた。世界中のバイクを地域性や文化など様々なテーマで展示しており、日本車も並べられている。

映画とバイクコーナーにはトップガンのGPZも

「イージーライダー アートとしてのバイク神話」というのが展覧会のテーマで、1998年6月~9月に米ニューヨークで実施された「The art of the motorcycle」展から20年後の現代版としても位置付けられている大規模な展示となる。トップ写真の”映画とバイク”など様々な切り口の展示コーナーが、バイクの世界をアートに昇華させて目を惹き付けてくれる。期間は、2019年2月24日までの約7か月間だ。

イージーライダーというメインタイトルが示すように、映画とバイクのコーナーのセンターに並べられるのは、キャプテン・アメリカ(ピーター・フォンダ)の乗ったハーレーのチョッパー改。他にもスティーブ・マックイーンが「大脱走」でスタントライドしたトライアンフTR6トロフィー、トム・クルーズが「トップガン」で疾走したGPZ900R(諸説あり)など名シーンの名車を集めている。

【上段】中央のパンヘッドエンジンのチョッパー改がイージーライダーに登場したハーレー。【下段】映画のシーンも写真展示されている。

大脱走に登場したトライアンフも。映画に登場したバイクの歴代ベスト3と言えるモデルが勢揃いするのは非常に珍しい機会だろう。

日本車のコーナーは「日本とテクノロジー」がテーマ

イージーライダー展では、イタリア車、英国車、アメリカ車など様々な地域と文化をその世界観として展示会場のスペースにまとめているが、日本車のコーナーはテクノロジーをテーマとしていた。その象徴として国産4メーカーのハイパフォーマンスバイクを4台並べ、壁にはアニメ、マンガ、東京という日本を象徴する文化的側面を大画面展示。中でも大きく取り上げられていたのは「AKIRA」に登場した金田のバイクで、美術展のカタログ書籍でもテクノロジーを示唆するスケッチが大きく扱われていた。

GSX-R750、FZ750、CB750Four、500SSの展示を囲むのは、渋谷スクランブル交差点の映像(左)、AKIRAなどの原画(奥)、AKIRAなどの動画(右)。日本のバイクにまつわる文化を独自の視点で拾い上げてまとめている。

こちら側から壁を見ると、セパハンのVMAXが登場するマンガを大きく引き伸ばして展示しているのが分かる。

メカメカしい金田のバイクのスケッチが導入の展覧会カタログ書籍の日本コーナー。金田バイクのコックピットにはナビが埋め込まれていたり、Fまわりのサスペンションや駆動系の構造もイメージしていたのが分かる興味深い内容だ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事