マシン・オブ・ザ・イヤー2018
国産ブランドが現地ビッグネームとコラボ

ヤマハの新型バガー・STAR ELUDERにアレンネスカスタムが登場

2018年6月15日、米国ヤマハが新型ツアラー・STAR ELUDERのバガーカスタムを公開した。手がけたのはアレンネスブランドの代表であるコーリー・ネス氏。同時にアレンネス製ビレットパーツの発売も発表した。

もはや国産ブランドとは思えない仕上がり

2018年モデルにアメリカで新発売されたフルドレスツアラー・SATR VENTUREのバガー仕様としてSTAR ELUDERも同時にラインナップされたのは記憶に新しいところ。バガーとは、トップケースを省いて低重心化しつつリヤの両サイドケースを強調したスタイル。2018年のゴールドウイングでは、STDがバガー仕様になったように近年のツアラーモデルには必ず用意されるようになっている人気のグレードだ。そして今回、STAR ELUDERにアメリカのカスタムビルダー、アレンネス代表のコーリー・ネス氏が手掛けた車両が登場。アメリカの超有名ビルダーがバガー仕様ならではのカスタムを推し進めた姿は、もはや国産ブランドとは思えない仕上がりだ。

【YAMAHA  STAR ELUDER 2018年型米国仕様 国内未発売】上がアレンネス代表のコーリー・ネス氏が手掛けたバガーカスタムで下がSTD(オプション付き)。リヤに向ってなだらかに垂れ下がっていく典型的なバガーカスタムをSTAR ELUDERでも美しく形作っている。

Fタイヤはワイドな180サイズに

車両は前後ともビレットアルミホイールに換装され、フロントはワイドな180サイズのタイヤを装着して外観を強調している。これを実現するためにフロントフェンダーを広げ必要なクリアランスを確保した。さらにコーリー・ネス氏はネスデザインのリヤフェンダーとサドルバッグ、コルビンシートを装着し、新しいビレットアルミ製アレンネスアクセサリーをSTAR ELUDER用に特別に開発。ブルーのカスタムペイントやアクセサリーが際立つように、いくつかのセクションを黒くトーンを落としている。

アレンネス製のアルミ削り出しクラッチカバーやジェネレータカバー、マスターシリンダーカバー、ハンドルバークランプなどは米国ヤマハの正規ディーラーで発売される。

ニュース提供:米国ヤマハ

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018